2017年7月21日金曜日

忙しすぎる毎日でも相当元気に過ごしています。

はい!やっとブログを更新できる時間が持てました。
はーーー、っと、毎日5時に目が覚めて、六時から農作業をして、
書類作成やら、販促やら、出荷やら、やらやらで、
しかし、それより何より、生姜の草引きがヤバくて、
ほぼ死ぬ直前な感じで『空の下』の仲間達3人で必死に作業をしていました。

「諦めないぞ!」

な気持ちで、ブラックと言われながら、

「アメとムチと、ムチとムチ・・」

と言われながら、

「ルンちゃんに扱き使われ人生~」

と言われながら、
笑顔で、時には無表情で、みんあ頑張っております!

で、お店の話。
内装の見積もりまで取った段階で、急に大家さんから貸さないと言われて、
振り出しに戻ってしまったんです。
大家さんの親戚の考えで貸さないことにしたと。。

ちょーーガックリだったんですけど、
まっ、もともとこんなに早くに店舗と出会えると思ってはいなかったし、
ある意味、突然の話でしたから、また振り出しに戻って、
引き続きじっくり取り組みたいと思います。

とにかく、今は足元を強化する事!
農作業を進めること!7月はこれに専念します。
そして、一段落したら、このあと、どのようにコマを進めるのか!
何を選択するのが最善なのか!について、取り組んでいきたいと思っています。

私は、本当に『空の下』の生姜ハーブシロップや柚子ハーブシロップ、
またゆの酢の大ファンなんです。
もともとがシロップなんて興味なくて、どの生姜農家も作っているし、
ありふれていて、わざわざ自分がやらなくてもいいし。。。
と思っていたんですよね。

でも、生姜の生産量が増えると、どうしても加工に回る生姜が出てくる。
一度種で使った親生姜の活用方法として、シロップはとても有効なんです。
辛味が強いですから。
もう一つ、私がシロップに参入した理由は、美味しいシロップがない事でした。
どれも美味しいんですよ。でも私の好みではない。

それとね、もう一つ、自然農法系の人たちの作るものって、
アジアン色が強くて、ちょっと食べ慣れないものが多いな~と思っていたんです。
他にないものを作ろうとするとき、なぜが変わった物を作りたがる・・・でも、
これって違うな・・と思っていたんですよね。
みんなが知っている味なんだけど、何処にもない味がいいんじゃないかって、
そう思ったんです。。だから敢えて、生姜農家がこぞって作る生姜シロップで、
何処にもない味を作ろうと思いました。
それが『生姜ハーブシロップ』なんです。

それと更に、生姜って野菜カテゴリーになっている事が多い。
でも生姜はハーブです。
私は生姜をハーブカテゴリーで展開させたいと予々考えていました。

更に更に、砂糖まで全てオーガニックを使っています。

空の下のコンセプトは、この世界からできる限りの農薬や化学肥料をなくすことです。
その為に私は農業の世界に入りました。またそういった農家を増やす為に。
なのに、加工品に農薬を使っている砂糖を使ったらダメですよね。
『空の下』の農作物に使っていなくても、加工品の原材料に農薬ありきの材料を使うということは、結論、『空の下』は農薬や化学肥料に支えられているということになるんですよね。。コンセプトに反するでしょ。。ダメでしょ(笑)

コスト計算すると痛いですよ。オーガニックの砂糖高いもの、3倍くらいしますからね。
販売価格に大きく影響しますしね。。でもね。。。ダメでしょ。。

結局、この『生姜ハーブシロップ』感動的な旨さのシロップになりました。
知っている味なんだけど、知らない味。

『空の下』は生姜と柚子が主力の農家です。
この二つを使って加工品を展開するというストーリーをもっています。
あるものを上手く使う。在庫を過剰に持ちたくないから。
もう一つ、誰でも直ぐに作れるから。

自分で作りたい人は、『空の下』を材料屋として使ってください。
作れない人は食品店として使ってね。

まだまだ、商品になっていないけど、商品にしたいものが沢山あるの。
どれも本気で美味しくて、どれも誰でも簡単に作れるレシピ!
これらを作るために必要な設備が持てれば作れる。

『空の下』は全部を共有したい。
何も隠すことはないし、独占しないといけないものもナイ。
自信があるから。何に自信があるかというと、

『空の下』の生姜に!
『空の下』の柚子に!
『空の下』の理念に!
『空の下』のアイデアに!

有機農法の生姜会社はあります。
年商もかなり上げていると思います。
でも、自然農法の会社は無い。
自然農法で高額な年商を上げている農家は無い。

自然農法の農作物で、シェアを増やしたいです。
そして、加工品の製造施設を持ちたいです。
必要な機械が欲しいです。
必要な設備が欲しいです。
アイデアをカタチにしたいです。

絶対に他に無い物を作れます!
もう少し!あとちょっと。
私に見えている世界が現実になるのにいくら必要なんだろう。
300万あれば出来るかな。。ランニングコスト考えたら、あと100万欲しいかな。。

私が農業を始めた頃、自給自足レベルの生活でもいいと思ってた。
でも、今は違います。
わたしはオーガニックの村を作りたいです。
一世帯が住む家と田んぼ一反、自家用の畑が二畝くらいあれば、自給自足出来る。
田んぼも一反程度なら楽にお米を作れます。
生姜の畑一反で収穫量が3トン。生姜の畑一反なら、そんなに大変ではないですよ。
その他、果樹の栽培もすれば300万円程度の収入が見込めます。
そんな小さなサークルがリンクして大きな模様となる。
そんな集合体をイメージしています。

オーガニックの世界を作るには、販路を広げないといけません。
ほとんどの人がここで挫折するんです。

買ってくれる人を増やさないとイケナイ。
できるだけコストを下げる努力もしないとイケナイ。
今までに、自然農法の生姜や柚子を買ったことにない人に、
興味を持ってもらえるようなマーケティングも必要です
長期的な取り組みが必要です。

その為には、先ずは長期保存可能な予冷庫が必要です。
次に、青果で売れないものを無駄なく加工に回す加工施設が必要です。

今年、『空の下』はこのペースで行けば年商800万円は硬いです。
初年度は50万円、二年目で200万円、三年目で500万円、4年目で800万円と成長しています。でも、まだまだダメです。1000万円超えたら法人化しようと決めています。
でも、もしかしたら、その前に法人にするかもしれません。

私は、大金が欲しいのではありません。
オーガニックの世界を作りたいのです。
生き物の個性を重んじ、それらしく生きれる村を作りたい。
先ずは、素材の味が引き立つ農作物と加工品を作ります!

どうか『空の下』を応援してください。
『空の下』のやりたいことをサポートしてください。
きっと、美味しい食べ物を届けます。
そして、それらが出来る風景ごとシェア出来るようになりたいです。

まだまだ、楽しみつつ頑張ります!