2017年6月27日火曜日

私が私の人生を組み立てる事について:映画「カッコウの巣の上で」

実店舗オープンまでの道のりを
ブログに書き続けようと思います。

実店舗を持つことを決めてから、、
一日に必ず一回は大きな不安が押し寄せてきます。
そして、一日に一回はチョーハッピーな気持ちになり、
元気になります。

それを『空の下』のコンサルのおだたさんに話したら、

「精神不安定だな(笑)」

と言われ、

「そうだよ!ズット精神不安定だから私は!!(笑)」

で、
で、で、

そりゃー楽なわけないじゃない?
金持ちで失敗しても大した痛手のない人たちとは違うんだし、
人生かけて生きてる訳で、しかも、

「なんでまた、こんなことしちゃったかな=」

って思うから。。(笑)
でも、仕方ないんですよ。
宿命だから。

でもね、やるべきことは分かっているし、
それを出来ればイイだけの事なんで、
そういった事、その間の私の不安定具合も含めて
発信していきます。

絶対に損はないから、みなさんよんでくださいねーーー(^0^)

はい、ここから本文!

今、やるべき事は、

・生姜の畑の草引きと土寄せ
・古代米の田植え
・実店舗の運営に関する事業3ヵ年計画
・青年就農給付金の半期決算
・加工品の処理
・草刈
・実店舗諸経費見積もり
・家事全般
・商売
・出荷

こんなに沢山やることがあるので、本当に大変です。

が!!

今日は朝から映画「カッコウの巣の上で」をDVDで観ました。
これは大事な映画だと思ってたから、日々の忙しさに流されてしまっては、
ただの労働者になっちまうじゃないか!と、逸る気持ちをグッと抑えて、
観ることにしました。

「カッコウの巣の上で」1975年アメリカ映画、主演ジャック・ニコルソン




20歳位の頃に一度見たことがあったのだけど、内容をあまり覚えてなくて、
もう一度見たかった映画だったんです。

20歳の頃って、沢山映画見てたんだけど、、まだ人生の経験に乏しくて、分かったような分からないような。。そんな年頃だったと思う。

で、なんで改めて観たいと思ったかというと。。

我が家での食卓での話で、カッコウの話になったのね。
私はカッコウが托卵するって知らなかったのね。
そういう鳥が居ることくらいは知ってたんだけど、
それがカッコウだとは知らなかったの。

それで、「へーー」と思ったのと同時に

「そういえば、『カッコウの巣の上で』という映画あったな・・」

と、

で、

「なんであの映画は、カッコウの巣の上なんだ・・???カッコウの巣の上って、何もないんじゃない??なんでやねん」

と。。

知りたいよね。

有名な映画だし、過去にも観ていて面白かった記憶あるし。。

で、観ました。
ヤバかった。

。。。。。。。。。。。

そうそう、それで、なんでカッコウの巣の上でなのか分かった気がした。

托卵をする鳥の巣で何が起きているのか」

皆さんにも観て欲しい映画です。

自ら檻に収まる人たち。
強制的に檻に入れられる人。
不健全な社会で精神を病む人たち。
不健全な社会に反発して精神病にされる人たち。
どんな状況下でも、強かに生きようとする人たち。

しかし、

個人は檻に入れられたら終わり。
社会は邪魔な人間をその中に押し込んでおけばOk.

檻の中であれば何をしても大した問題ではなく、
むしろ檻から出さないために努力するという事実が見えてきます。

抑止力→脅迫→自発的行為

この映画のストーリーは、観ればわかるし、ネットで調べれば
あらすじも出てきますので、ここでは割愛して。。

とにかく、社会でも精神病院内でも超問題児で、頭の良いマクマーフィーは、
最後は脳外科手術をされて能無しになってしまいます。
(オデコの傷から私が想像したことだけど、能無しになったのは事実)
能無しになったマクマーフィーを、耳の聞こえない(振りをし続けみんなを騙していた)ネイティブアメリカンのチーフが
「こんな姿のままにはしておかない・・・俺も一緒に行くから」
と言って、ベットで寝てるマクマーフィーを窒息死させ、以前、マーフィーが脱走するために試みて出来なかった、お風呂場のシャワー台を持ち上げ、窓に投げつけて脱走します。
チーフのその姿を歓喜を上げてよろこぶ患者たち。。

私は、

「自由は意図しないところで具現化する」

この事を皆さんに伝えたいと思い、ブログに書きました。

マーフィーは自分が能無しになった後のチーフの行動なんて
想像もしなかったと思います。
ただひたすら、間違っている事へ問題定義をしてきた。
当然あるべき事をして、決して檻に収まらない「自分」を生き続けた。
その結果、彼は医学のチカラで能無しにされたのだけど、
でも、全ては無意味ではなかった。
彼の意図しない事態から、意図しない出来事が起きて、その事で、
本来、彼がしたかった事、望んでいたことが実行されたのです。

この映画に登場してくる全ての人達。
きっとその中に貴方がいるはずです。

子供を自分で育てなくなったこの社会で、
何か起きているのか??
カッコウの托卵。
カッコウの巣の上で。。
ここから、現代日本の出産から育児、
また人格形成などなどが見えてくるかもしれない。

チョット違う話。

「どんなに忙しくても映画観ないとね」
ってホント思った。

『空の下』の店舗事業に、映画の上映会を入れているんですけど、
一番初めの上映会は『カッコウの巣の上で』だな。

面白いから、退屈しないよ。
いい映画とか言って、眠くなってしまう映画ってあるでしょ。
あれはちょっとね。。この映画は面白い。最後まで集中して観れるよ。

みんなは、今の社会に満足しているのかな?
私は常に問題意識を持っています。
多分生まれた時から。。

中学二年生の時に

「私は、本当の愛と平等と自由を知るために生きるんだ」

と気がついた瞬間があります。
その時に自分が見ていた風景も覚えています。

中学二年生の私が学校から帰ってきて、
昔の家だから、木の門の前で立ってるのよね。
そこで止まってるのね、考えてるんだよね。
その時にそう気づいたのです。


本当の愛ってなんだ?
平等って何?
全てから自由になりたい。



今、政治に不満がある人、
政権に不満がある人、
仕事、福祉、その他いろいろ、
問題問題問題!!みたいな社会と思いきや、
いやいや、みんな結構平和に暮らしていない??
と思うんですよね。

そう思いませんか?
なんでだろ?
本当に苦しんでいる人は、
社会に出てこないからなのかな。。
そうかもしれないね。

。。。そうなのかな。。


共謀罪うんぬんで、反対してるっぽいけど、
反対なんだろうけど、その人たちの中で、

理屈じゃなくて、
論理じゃなくて、
知性じゃなくて、

本当に身に迫る事だから反対している人って、
どの位いるのかな??
マクマフィーは何人いるのかな??

結局はみんな、文句はあるけど、
自らが病院に入っている患者なんじゃないのかな??
って思うんだ。

チョット挑戦的な言葉並べたけど、
決して誰かを批判しているのではなくて、
全然そんな気持ちはなくて、ただ、
共謀罪は、その存在だけで十分な効果があるんだよね。
だからね、本当に反対なら、変わらず革命を起こせばいいんだよ。

でも、そんな事誰もしないでしょ。
発言に規制かけるでしょ。自分で。。


「なんだお前!喧嘩売ってんのか!!」

とかって思う人もいるかも知れないけど、

そういう人も含めて

「カッコウの巣の上で、、を観てからまた話そう」


マクマフィーをどう思う?

マクマフィーをどう思う?


因みに私は、結構自由を獲得してきたと思うけど、
一つ、未だ越えられない不自由があります。
それは、眠ること。
睡眠欲から解放されない(^^;)







1 件のコメント:

  1. あの映画は現代日本を風刺して50年前にアメリカで作られた映画ですね。秀品です。

    返信削除