2016年12月24日土曜日

2016年も間もなく終わり。。のご挨拶。

今日はクリスマスイブなんですね。皆さんこの日を楽しんでいますか?
私は、今日も仕事をしております(^^;)今年中にやり終えたい事がまだまだあって、
これが中々終わらないんですよね。もう少しなので頑張りたいと思います。


しかし、気持ちの良い朝だぁ~。



2016年が終わると思うと、胸が熱くなってきますね。全くの闇の中に一筋の光を見出して、
何とか歩き続けたこの数年間、その細い光の道が少しづつ広くなってきた、、
半歩前は崖っぷちだったその先に峠が見えてきたような気がしています。

「もう少し、もう少し」

と、心の中で呟いて12月は過ごしていました。

2013年、栽培面積わずか2畝の生姜栽培と1反の稲作で始まった私の農業生活。
この時点で私はマジで就農したと思っていたので、国家事業である「青年収納給付金事業」の
申請をしました。でも認めてもらえなかったんですよね。。納得できなかったな。。
だってこの事業の要項には、栽培面積10a以上である事と5年後に250万円の所得が得られる
事業計画である事と、相応の意欲がある事の3点しか書かれていないくて、
私にその資格は十分にあると思ったからな。。でも、社会はそうと認めなかったんだよね。

私はね、これは差別だと思いました。でも同時に仕方ないとも思ったんです。
みんな知らないのですよ、一人の女性が無農薬で就農して、250万円の所得を得るに至るとは、
誰も想像できないんですよね。だから私は見せるしかないと思ったんです。
この話は以前ブログに書いたので、興味のある人は読んでくださいね。

私が何故ここまでして「青年収納給付金事業」にこだわったかというと、
それは一重に農業従事者を増やしたかったからなんです。
オーガニックで就農して家族を養っていける時代を作りたかったから。

戦後の日本を支えたのは農民です。
高度経済成長を実質的に担ったのは、農村の次男坊以下の人たちです。
労働力を都会に持って行かれた農村をほったらかしにした結果が今です。
このままでは取り返しのつかない国になってしいます。

今、人を送り込む先は農村だと確信したところから、私は自ら農業に従事することを決めました。
腕力のない女性でも農業をできるような仕組みを構築しなければ、農村に未来はないと
思った事も伝えておきたいと思います。

現代の若者に「努力」とか「根性」なんて言っても響かないですよ。
「楽しい」「かっこいい」「おもしろい」が遣り甲斐になる時代でしょ。
だから都会育ちの女性でも仕上がる農業にする必要があると思うのです。

女性である私が、しかもオーガニックで「青年収納給付金事業」を受けることが出来て、
その結果を出せれば、この道は大きく開かれると思ったから、3年間かけてでも、
どうしても獲得したかったんです。

晴れて獲得した事業ですが、休むまもなく次の課題が押し寄せてきます。
それは、3年後に250万円の所得を獲得することです。

オーガニックで認定を受けた私が、結果250万年の所得を獲得するに至らなかった場合、
社会は「やはりオーガニックでの就農は無理ですな。。。」となるでしょう。
現に今もオーガニックでこの事業を受けている多くの農家が伸び悩んでいます。
結果を出さなければ、私の目的は達成できない。
誰にでも平等にチャンスが回ってこなくなってしまう。。
そんな無能な先人にはなりたくないから、必死で農作物を作って
、必死で販路を拡大するために営業をする。。そんな2016年でした。

そんな風に走り続けて、もう三年が経つんだなって、そう思うと胸がいっぱいになります。
今も私の胸の中には、未来を信じる力と同じだけの、それ以上の不安があって、
その不安に押しつぶされそうになる自分と背中合わせに生きています。

オーガニックで就農をする前の私は、「天然無処理石」という石を売っていました。
宝石の世界に「天然」「と「人工」とがあって、一般の宝石店で売られている宝石は、
ほぼ「人工処理石」です。近頃流行っているパワーストーンとかいう比較的安い石は
「宝石」とは言われず「天然石」と言っているでしょ。
でもね、本当はその中間に沢山の価値がないとされる石があって、
それらは生きた輝きと美しさのある素晴らしいパワーストーン(宝石)なんです。

左からムーンストーン、翡翠、スターサファイア。すべて天然無処理石です。


勝手に育ったかぼちゃ。。。かぼちゃってパワーすごいですよ。



石も人も植物も同じなんです。一定の規格に嵌められて世の中を生きている。
揃えやすい長さ、大きさであったり、扱いやすい質であったりしてね。
その目的は「量産」です。量産する場合は、個性的であっては困るんですよ。
だから、機械や薬を利用して分かりやすく同じようにするんです。
私には石も農作物も人間も大差はなく感じるのです。
現代の日本人はパワー不足だと思います。だからパワーを求めている。
オーガニックの農作物には、間違いなく時代が求めているパワーがあるのです。

      
今年収穫した生姜。香り、味ともに最高に美味しいです。



2016年は大きく成長した一年でした。
生姜の栽培面積も10倍になり、柚子、古代米、文旦の生産もしています。
『空の下』の描く未来に手を貸してくれる仲間も出来ました。
本当に多くの人達の力によって『空の下』は成長してきました。

まだまだ多くの課題がありますし、超えなければならない高い壁もあります。
それでも、沢山のご縁を活かせる自分でいられるよう、私のやるべき仕事をしっかりと
やって行きたいと思います。そして『空の下』に関わってくれる皆さんに、今までと同様に、、
それ以上に、「美味しい」を届けられるよう、そして、楽しい時間を過ごしてもらえるよう、
この豊かな地球の上の広い広い空の下を楽しむ2017年にしたいです。

今年一年、本当にお世話になりました。皆さん、良いお年をお迎えください。

柚子の山は標高500mの高さ。自然の息吹が素晴らしく、とても気持ちの良いところです。



目の前には広い広い太平洋。足元を見下ろすと崖なの。
でも、ここからの眺めが一番気持ち良い。




12月25日から1月5日までショップを休業いたします。
カートは開いていますので、お買い物はしていただけます。
発送は1月6日から行いますので宜しくお願いいたします。
どうしても早くに欲しい方がいましたら、ご遠慮なくお伝えください。可能な限り対応いたします。
http://soranosita.net