2016年10月20日木曜日

吉田修一原作、李相日(り そうじつ)脚本・監督の映画「怒り」を観て



映画を観るとき、原作を読まないで見るほうがいいという人が居る。
確かに原作が良かったから映画を観たら、全く面白くなくてがっかりしたとか、
上下巻で成り立っている物語を120分程度の映画に収めることに、そもそもの無理があるんだ・・とか、そういう話・・でもわたし的には、それらを含めても原作→映画というのは面白いのです。

この面白さに気付かされた初めての映画は「20世紀少年」でした。
原作は浦沢直樹の漫画「20世紀少年」。
映画とは、必ずしも原作に全て忠実である必要はない。要は「同じ」である必要はなく、むしろ表現の違いを理解したところに旨みがあると思うのです。映画「20世紀少年」では、原作では明確に表現しなかった部分を映画では明確に表現してされていました。原作と映画の連携が生み出す厚みですね。

「原作→映画」では、原作に秘められた物語を如何に引き出し纏め上げるか。。が脚本家と監督の腕の見せどころだと思うのです。そういう意味でいうと、映画「怒り」は、吉田修一の原作に李相日の感性が加わって作り出された合作と言えるのだと思います。

さて、本題の「怒り」のストーリーについて話を進めます。
原作では、様々なシーンで人間の弱さが描かれています。弱さ故に正直になれなず、二度と取り返すことのできない悲しみを生んでしまう。

千葉の漁港で暮らす洋平(渡辺謙)の娘の愛子(宮崎あおい)は、軽度の知的障害である可能性を両親は保育士から言われた過去があり、事実、少し他の子供と違うところがあって、父である洋平は少なからず娘に社会的な劣位を感じていました。実際に普通の娘がしないような事もした愛子を哀れんでいたわけですが、しかし、彼女は素直で正直でした。自分の社会的立場を理解し、それを隠すことなく、割り切って明るく生きていた。その姿を社会は「知的障害」という目で見ていたかもしれない。しかし、愛子はそれすら受け入れたいたのです。

「怒り」では、千葉の漁港で暮らす洋平(渡辺謙)の娘の愛子(宮崎あおい)の他、東京で大手企業に勤める同性愛者の優馬(妻夫木聡)と、親の事情で沖縄の離島に転校して米兵に強姦される女子高生・泉(広瀬すず)が、八王子の住宅街で夫婦惨殺事件を接点に、それぞれに異なる物語が展開されています。

ある時偶然に知り合ったその人を信じるのか信じないのか・・・。
一見、他人を信じるか信じないかが事の境目のように思えるこの物語ですが、実のところは誰かを信じるか、信じないかではなく、自分を信じれるか信じれないかだったのではないかと思うのです。

優馬は同性愛者である自分に自信がなかった。。泉は米兵に強姦されたことを明るみにする事は耐えられなかった・・二人は社会から自分の立場を護るために事実を隠した結果、愛が悲しみに、また愛が憎しみに変わってしまった。。唯一社会性に欠けると見なされていた愛子だけが現実とまっすぐに向き合おうとした結果、幸せを掴んだのです。原作では強調されていなかった田代を連れ帰る愛子の満足気な顔のアップは、それらを物語っていたように思います。

原作には描かれていなかったもう一つのシーン。それは、泉が米兵に強姦されている公園に隣接した家に住む母娘。ピアノの練習をする娘が外での異変に気づき窓の外を見ます。母親は泉が強姦されたことを知りつつも、今の暮らしを護るためカーテンを閉めるのです。当事者の泉もまた、自分を護るために、辰哉(佐久本宝)に強姦されたことを他言しないように求めます。その結果・・辰哉は殺人を犯してしまうのです。

結局、八王子の住宅街で夫婦惨殺事件を起こした犯人の山神の殺人動機は明確にされないまま話は終わるのですが、原作にはなかったセリフが映画にあって、それが唯一山神の殺人の動機をに匂わせています。

「やつは人の不幸を喜ぶような奴だ。そういう奴に哀れみの手を差し伸べるということは、そいつを馬鹿にしていることなんだよ。殺されるよな」

映画で流れてきたセリフなので、言葉は正確ではないけど、こんな内容のセリフだったと思う。

悲しみは時を経て怒りの種となり、いつかどこかで発芽する。

発芽した時には、もうその種がどこから来たかなんて誰にもわからないんだ。

残念なことだけれど、悲しみの多くは口にされないまま、誰にも助けてもらえないまま、背負い込まされてしまう。でもそれは多分、とても危険なことなんだよ。

2016年10月1日土曜日

伊方原発と伊方町への想い

えーーーっと、どこから書き出そうか。。

2年前の2014年に行われた伊方町長選挙の最終日二日間、私はボランティアでウグイス嬢をしました。ここから私は伊方町と出会った。。いや違うわ、私が初めて伊方町、、、伊方原発と出会ったのは、2011年4月、震災後高知県で初めて行われた反原発デモだったんだ。
この時、私は初めて伊方原発の存在を知ったのよね。

愛媛県の伊方町に原発があって、これは高知市から約100kmのところに建っていて、
一度事故が起きれば私の生活の場をも汚染するところにある伊方原発。
私は伊方原発稼働を容認することは絶対にできない、、、出来るわけがないのですよ。
だって私は、東日本大震災の放射能被害から逃れるために、東京から子供を三人連れて高知に移住し、西日本の農地を護り育む為に農業を生業とすることを選んで生きているのだから。
事故が起きるかも知れない、、起きないかも知れない、、、それを天に任せるだけなんて出来ないのです。

今日行った伊方越という集落で話したおばあさんも言っていた。

「台風とか、地震とか、そういうものは仕方ない、でも、原発は私たちが無くすことができるんだからね」

そうです。原発は無くすことが出来るのです。
あれこれ、皆さんに伝えたい。私が直接会って話した伊方町の人達の話や雰囲気。
集落に流れる空気。。そんなこと全部。

今日私は、伊方越と亀浦、鳥津、大成の四集落にビラを配って回りました。
各集落20から30世帯くらいの集落です。30世帯もなかったかな。。空家が多くてね。
しかも、年寄りばかりです。

「昔はうるさいほど子供がいたけど、今は年寄りばかりでどうするよ(笑)
老人会ばっかりで」

伊方原発即時停止を公約にした西井直人さんの公約が書かれたビラをもって、
初めに伊方越に行きました。断崖絶壁と言いたいほどの急斜面にある集落です。

車を停めて歩き出した先のある倉庫。軽トラの上で木工作業をしているおじさんが居ました。

「こんにちは、今度伊方原発即時停止を公約に候補者が立ったので、是非これを読んでください」

先ずはこんな感じ。

「はい、ご苦労様」

おじさんは、私が渡したチラシを手に取ってくれたわ。

少し間が空いて

「誰に入れるか決めてますか?」

「誰にも入れん」

・・・・・・。辛いね。。

「支持できる候補者が立っていないからですかね。。。」

「・・・・」

「原発についてはどうですか?・・・」

と、とても普通な感じで会話してて。。。

「そりゃ、原発はない方がいいに決まってる、ほとんどの人がそう思ってるよ。でもね、四電は大企業だろ、あれが有るから今の伊方町が成り立ってる、、無くなったら町政が成り立たなくなるし、生活ができなくなる人が出てしまうから、無くすことはできないけん」

。。30分くらいこのおじさんと話した。

おじさんはハチの巣箱を作ってたんだよ。日本蜂の蜜を採ってるんだって。
採り方を教えてもらって、はじめの設置箱と餌のセットを3000円で作ってもらう約束したんだ。
餌になるはちみつの搾りかすも食べたんだけど、とっても美味しかった!
4月に設置するので、2月にもらいに行くんだ♫
また絶対伊方町に行く理由も出来た。


ここが伊方越という集落だよ。すごいところでしょ。
昔からある集落で、今はおじいさんとおばあさんばかり。
幼児がいる世帯が1世帯あると言っていたな。。


集落の直ぐしたにはこの集落の小さな港があるの。
一昔前の豊かな暮らしを垣間見るようで、この集落の夜を知りたくなった。




すごいでしょ、この水路。
この集落は、斜面45度の道があるんだよ。生活路なの。すごいよ。
今は手すりがあるんだけど、昔はなかったと80才はゆうに過ぎているおばあさんが言ってた。
昔の年寄りは、今の年寄り以上の強者だったんだね。

ある民家にビラを持っていった其処にはおじいさんがいて

「伊方原発即時停止を公約にした候補者が立ちました」

といったら、

「おおーーーご苦労様」

って、喜んでたよ。。。喜んでた。

次にいった集落は亀浦ってところで、伊方越から車で3分くらいかな。



みかん畑だよ。
眼下には太平洋、ひろーーーーい。広がってるやん世界。
おばあさんが一人家庭菜園をいじってた。。とても長閑な時間が流れていて、この景色。
素敵だよ。静かな暮らしが生きていてとっても魅力的な場所だった。

この畑のおばあさんと話をした。
伊方原発の建設中は、四電の人がバスで迎えに来て、それに乗って稼ぎに行ったんだって。
子供を育てている当時の話。今はとしだからね、、お金稼ぐこともないけどね。。って笑ってた。

「いいところですね。飽きないでしょ?」

「そうね、同じ景色だけど、今日はあんな大きな船がある、どこに行くのかな。。と見てたりね、その時々で違うからね」

とてもいいところ亀浦。
ここはね、2014年の伊方町長選挙の時、私がボラをしたおだたさんが最後に演説をしたところなの。この時の風景はよく覚えてる。。自分たちの想いと繋がるリーダーを待っている人がいると感じた場所だったから。


人々の暮らしがある伊方町。
今の暮らしがあるのは伊方原発が有るからだって、そう思ってる人がいっぱい。
でも原発はない方がいいに決まってると思っている人もいっぱい。

「表では言えない」

と言っていた、小さい声で。



伊方原発が無くならない、無くなれないもう一つの理由は。。。農薬ありきの農業。

「みかん栽培で食べて行くには一町はやらないと無理だから」

何故かって、農薬で相当な経費がかかるから、そのくらいやらないとペイ出来ないって、
みかん農家のおばさんが言ってた。。

みかんは伊方町の唯一稼げる農産物だからね。栽培者は当たり前に、農薬がないと栽培できないと思ってるから。




(なんで、こんなに苦しんでるんだよ。なんで本当に思うところで生きていけないの??)

私は私の中で反復するの。
これって伊方町だけじゃないでしょ。
みなさんは本当のところで生きれてますか?

(本当はこうしたいけど、出来ない・・)
なんでだ??


伊方町長選挙。
順調に行けば、次の町長選挙は4年後です。

どうしたら、伊方町から原発を無くすことが出来るか?
帰りの道中ずっと考えていました。
伊方町民が原発ノーと声を出せるのに必要なのは、
原発があることによる雇用者数を賄うだけの代替え事業構想を示すこと。
これです。これがあれば多分、必ず、反原発候補者は勝てます。

これは、実際に私が自分で得た情報にから結論です。
原発がない方がいいに決まってると大半の町民は思っているのだから。

私にとって、「空の下」にとって、伊方原発は有ってはならない存在です。
事故が起きてから泣くわけにはいかない。
確実になくすために、コツコツ出来ることを今後も継続していきます。

伊方町は年寄りの町。
このまま、伊方町をほっておけば益々人口が減って行き、
伊方原発に勤める人だけになる未来が容易に想像できます。
そうなったとき、今の法律のままでは私たちは何も出来ない。

伊方原発をなくすには、首長を取ることと、もう一つ、半径50km県内の自治体の同意がなければ原発を動かせないという法改正をすること。この二点に尽力することだと思います。



伊方原発を跨いで、東西にある集落4箇所にいったわけですが、
鳥津という集落で港に屯っていたおじさんの一人がこう言ってたわ。

私が西井直人さん(伊方町長立候補者)のチラシを渡そうとしたら、

「このチラシは人にあげるばーある。これ以上もらうには、網を買ってもらわないかんなー」

ちょとした冗談だけど、かなり本音だとおもったよ。

暮らしを護ってなんぼでしょ。