2016年9月13日火曜日

2016年9月10、11日 ファーマーズマーケット出店話 その2

無事、ファーマーズ・マーケットの初出店が終わりました。

出店中は、ネットのお客様やfbの投稿を見て来てくださった方々、
また初めて合うfbフレンド♫本当に有難い二日間でした。
取引のオファーがもあったりで、やっぱり青山という町は集客力ありますね。
通りを高級車がバンバン走っていますしね。
私が住んでいる中土佐町を走る軽トラの集団が懐かしくなったりして(笑)
格差社会と言われて随分経ちますが、ほんと、青山には「貧困」なんて言葉は存在しませんね。
皆さん日本の豊かさを満喫しているようでした。

久しぶりに東京に来て、思ったことは、
「人は何処にいても人だな」
という事でした。
当たり前の事ですが、何かと口にされる

「田舎の人は・・」
「都会の人は・・・」
「東京は・・・」

みたいな、あれですよ。

でも、全然関係ないですよね、、人はやっぱり人で、人の匂いがしていたなww
意味不明かもしれないけど、私にはそう感じる何かがあって、なんだか安心しました。

でもね、沢山の良い物がある東京に、立派な生姜はありませんでした。
それと、新鮮な柚子もなかったです。
「空の下」以上に美味しい生姜も柚子もなかったんですよ。

私は、もっと普通に、当たり前に、新鮮な農作物を、山も海も無い大都会にシェアしたいと思っています。そして、それは出来る事だとも思っています。

今回、青山のマーケットに出店して、改めて確信を得た想いがあります。

「私は、都内に生姜と柚子の専門店を出したい」

生姜も柚子も大変薬効の高い農作物です。
食材としても、飲食両方で活躍します。
薬にもなりますし、コスメにもなります。
七変化する農作物なのです。
必ず、皆さんの生活に豊かな潤いを与えてくれるはずです。

昨日、お世話になっている四万十町のおしょうさんから電話がありました。

「どうやった?」

「めちゃ反響がありました」

「そうか、もっとやれ」

笑。。

私は、田舎と都会を交差させたいんですよね。
当たり前の日常の中で交差させたい。
きっとフレッシュな「空の下」の生姜や柚子が役にたつと思うのです。
田舎も知っている、都会も知っている私に出来る事なんじゃないかな?って思っています。

あっと言う間の数日でしたが、とても濃い出会いの中で、次なる道が見えた数日間でした。
この度の出会いが、近い未来に生かされるように、明日からは、また海と山に囲まれた中土佐町で、生姜の畑で土入れをします。

どんなに夢を抱いても、地から足を離さない生き方を続けて行きたいです。

子供達にお土産も買ってあげられたし、本当によかった。

ここまで歩んでこれた事を心から感謝しています。
いつも変わらずに、私を受け入れてくれる友達がいる事、
私のままでいさせてくれる全ての人達に「ありがとう」です。

沢山の人に支えられて存在している空の下。
これからも、じっくり、がっちりと整えて行きます。

人生って、本当に素敵な時間ですね。

世の中が変わるとは、自分が変わる事なんですよね。
ダイナミックに躍動する「時間」を猛烈に感じ得た東京出張でした。








0 件のコメント:

コメントを投稿