2016年7月10日日曜日

作る事と食べる事

毎日忙しく働く私の楽しみといえば、朝、鳥のさえずりを聞きつつ、
自然の空気に浸りつつ、目の前の生姜の畑を眺めながらコーヒーを飲むこと。
でも、せっかくのコーヒータイムも肝心金目のコーヒーが不味かったら、
台無しなんですよね。

隣町に美味しいコーヒー豆屋さんがあるので、
出かけついでに買ってきてはいたのですが、
あるとき、兵庫県に住む友人が自家焙煎のコーヒ-豆を送ってくれた
んです。これが兎に角美味しくて(^^)
どんな風な美味しさかというと、しっかりとコーヒーの旨みと苦味があって、
後味スッキリなんですよね。
要するに酸化していないんだと思うんです。

市販のコーヒーやちょっと拘っている位のコーヒー屋さんの豆は、
100パーセント後味悪いです。飲んだあとに胃が重くなっちゃう。
それで、私、もう買えないなあーって事になって、それ以来一度も買うことなく、生豆を買って自家焙煎しています。

自家焙煎するとこんな良い事がある。

①焙煎豆よりも安く買える
②焙煎豆を買うより美味しい。

「そうは言っても、焙煎するのって難しいでしょ-」

って思っていませんか?
そんなことないんですよ。結構簡単。。
勿論よりムラなく焙煎するには、相応の時間がかかるけど、
でもでも、少々ムラがあても、買うよりぐーーーーっと美味しいのです。




フライパンではダメです。
焙煎専用の網パンがおすすめ、、確か2500円ほどだったと思います。
16分程度で焙煎できるので、是非試してくださいね。

あと、定期的にパンが食べたくなるんですよね。。。でも、、、、おいしいパン屋さんがなくて。
あっても遠いい。。。それだけの為に出かける暇もなく、、、どうしても食べたい時は、
近所のパン屋さんで買うんですけど、やっぱり、、、。
決して不味くはないんですよ、でも、つい気になっちゃう添加物と油。
コーヒー同様、食べたあと重くて、、高いお金払っても後悔だけが残るという。。。

数回これを繰り返して、、自分で作るのが一番!という事で、最近は自分で焼いています。
天然酵母(レーズン)を作ってから焼くときもあるし、前準備ができなかったときは、
普通のイースト菌で焼くときもあります。どちらにしても自分で作るほうが経済的で、
胃にもたれないし、体が喜ぶ美味しさなです。


・・・結局、私には、作る事と食べる事はセットなんですよね。
これらの時間すべてが栄養になるんです。

なんでしょうね。。。。忙しい毎日なんですよ。
私はシングルマザーで、自分の稼ぎだけで子供二人(一人は独立してます)を育ててるので、
食事を作る時間がなくて。。。でも、絶対に買ってきて食べることはないです。
外食もしません。。。
どんなに忙しくても、自分達が口にする物はしっかり選んでいたい。
これを蔑ろにしていると、「生きている」って思えなくなっちゃうんですよね。
時間を消費しているだけになっちゃって、エネルギーが沸いてこなくなってしまうんです。
そして、とても貧しい気持ちになってしまうの。。

食べる事は、その手前に作るという工程があるんですよね。
実は、そこにこそ豊かさがあって、そして、その工程の中にこそ生きる営みがある。
これを失ってしまってら、ただお金に操られている消費するだけの人になってしまうのではないかな。。それこそが貧しさなのではないかと思うんです。
あっ、いつもこんな事を考えてやっている訳ではないんですよ。
自分の中にあるコントロール不可能な欲求を紐解くと、こういうことかな?と思ったので、
書いてみました。


そんな私の日々の暮らしがあって、そして『空の下』があります。
『空の下』は、その言葉のまま、

「みんな同じ空の下の住人で、意識、無意識に関わらず空の下を共有している。

この空の下で、環境にも人にも良い農作物を作って、それらで満たしていきたい。

空の下の住人と豊かな自然の恵みを共有出来る仕組みを創りたい。

それをする事で生きていきたい」

と思っています。。思っているだけでなくて、いつも考えて、実行しています。


それで今回、同じ町内にある干物屋さんとコラボすることになりました。
ここ中土佐町が、海産物も取れるし山菜も取れるような地形で、
地元のおいしい食べ物が沢山あるんです。
東日本大震災の影響で、東の海産物は食べたくない方も多くいらっしゃると思うので、
ローカルエリアの海産物は、きっと喜ばれるのではないか?と長く思っていました。
そしたら、友人が紹介してくれて、しかも同じ町内じゃないですか。
ありがたい。

この干物屋さん「岡岩商店」といって、上ノ加江という漁村で長く営んでいる商店なんです。
高知市内で毎週開かれる「オーガニックカーケット」にも出店されていて、
地元では大変人気の干物屋さんです。
価格もとてもリーズナブルですよ。
きっと皆さんにご満足いただけると思います。

















2500円~4300円の価格で幾つか用意しました。
干物に、ゆの酢や生姜をつけて食べると激ウマ!です。
体の中から幸せになる食べ物ですよ。

http://soranosita.net/


人の暮らしの在り方として、どのご家庭にも畑と田んぼがあって、
自分たちが食べる野菜やお米は作れる環境創りというのが、目指すべき未来の暮らしの形だと、私は考えています。そうなると農家の仕事って何かな?って思うんですよ。

目指すべき未来にたどり着くまでには、まだまだ時間が掛かる。
その未来にたどり着く為の先導者として、
また、そんな未来に辿り着いたとしても、全ての農作物を個人で作ることは出来ないでしょう。
その部分を補う担い手として、農家は有り続けると考えています。

『空の下』は、そんな未来が少しでも早く訪れるよう、日々邁進しています。

空の下では、サブネームで「豊かな暮らしに総合サイト」としています。
田舎の良い物を都会に届ける事、都会に暮らしを田舎に結び付ける事も少しづつしていきます。
そして、距離を超え、時間を超えて繋がる今を確かめつつ、新しい流通網を構築して行きたい、生きたいと想っています。























今の生姜の畑です。
今年も美味しい生姜作りますね。


0 件のコメント:

コメントを投稿