2016年4月18日月曜日

2016年4月18日の空の下

 今日は、隣町から友達が生姜の植え付けのバイトに来てくれました。
彼女は、私よりもウーーーンと前から高知に移住してきていて、
農業を初めていた女性です。
旦那さんは、『刻屋』という屋号で木工家具職人です。

http://kokuya.net/k01-01.html

彼女がアルバイトに来るときに子供がいても、
仕事には全く支障はありません。
だって、彼女は仕事師で、自ら仕事を探して出来る人だし、
子供達もちゃんと自分達で遊ぶから。
なので、『空の下』的には、大歓迎な子供達と、
とても頼りになる母なのです。

この写真、可愛いでしょww。
ダンボールでめっちゃ強そうな人に変身してるしww。




こんな風に仕事をシェアして、それで生活できたらいいな。






ジェット噴射機でコンテナを洗ってくれる長男(小3)

「コンテナ洗ってくれてありがとう」

っていったら、

「楽しかった」

って。

子供はすごいね。。楽しいこと大好き。なんでも遊びにしちゃう。







ほら、こんな感じで、邪魔しない程度にちゃんと遊ぶんだよね。
可愛いね。


本当に素敵な子供達で、
本当に素敵な家族だ。

子供がいて、大人がいて、同じ空間でそれぞれの役割を果たしている。
そんな風景の中で、学ぶものは生き物だよね。

全ての時間から、未来が生産されるんだ。






*刻屋さんは、オーダーで机などいろいろ作ってくれます。
それぞれのライフスタイルにあった次世代に繋がる家具をつくってもらえるといいよね。

0 件のコメント:

コメントを投稿