2016年3月24日木曜日

国産レモンってあまり見ないですよね。。

東京に住んでいるときの記憶では、
オーガニックのレモンってあまり見なかったように思うんです。

あっても高くて、その値段をだしてまで買わなくてもいいやっ。。という感じでした。
それでも、なにかの時には使うんですよねレモンって。

どうぜ使うならオーガニックのレモンの方がいいですよね。
なので『空の下』でレモンを栽培することにしたんです。

先日苗を植えました。

実るのはまだ先のことですが、きっと使えるレモンになると思います。

なんだかんだ言っても、農薬を散布していない方が、香りがいいです。
当然といえば当然のことですよね。生き物は肌でも呼吸しているのですからね。

人間で例えるとどういう感じなのかしら??と想像してみると、
毎日石鹸で体の垢を全部流して、その上にクリームを塗っていて、
また、そのクリームの匂いがしたりする感じですかねww
・・・・多分、現代人が嫌がる体臭というのは、
レモンでいう香りのことなのですはないかな??


植物の成長理論を聞くと、人間にそのまま移行できる論理があってりして、
面白いですよね。




レモンの栽培地として、空の下のエリアは合うみたいなんです。
村のおじさんの話だと、レモンは猿も食べないし、ほっておいても育つ・・のだそうです。
いいでしょ(笑)

そんな事で、空の下の文旦の木を育てている小田々豊さんの手によって、
敷地内にレモンの苗を植えました。
普段の歩き道の、生活の中にレモンの木がある感じです。

2016年度から文旦の木のオーナー制も始め、ますます彩豊かな空の下になる予感です。
植物と人間とで作り出すコミュニティーの形の始まりかもしれないなって、
思う今日この頃です。



小田々豊さんは、木を育てるのが好きみたいです(^^)
そんな彼の育て方はとても面白いですし、分かりやすい。
難しいことは言わないで、季節の中で文旦と語り合う感じなんですね。

小田々豊さんは以前、農業法人を経営していました。
その時の社員だった岡田さんという方が、現在、愛媛県で自然農法でレモンを栽培しているという事で、小田々は、岡田さんに逢いがてら、レモンの産地の瀬戸内巡りをしてきました。
そして、レモンの栽培事情を見て、また、岡田さんと話をしてきて、
今回ちょこっとだけ、空の下で岡田さんのレモンを売ってみよう・・・となりました。

『空の下』の農作物を売っていると、一緒に売りたいものが出てくるんですよね。
例えば、「土佐の山塩小僧」の天日塩もそう。
生姜の塩もみに使うのでね、私も買うし、空の下に来るみなさんにもオススメです。

それと、乾燥生姜や乾燥ゆずを紅茶が合うので、
紅茶も売りたくなるんです。一緒に買えたほうが便利でしょ?

それと今、文旦のジャム作りにハマっていて、お砂糖を使うんですよね。
それで、文旦と合う砂糖は、オーガニックのてんさい糖だ!ということになって、
それを買いました。

オーガニックのてんさい糖って高いので、
文旦でジャム作りもしようかなーーーっと思われている方がいれば、
文旦のご注文時に一言「オーガニックのてんさい糖を分けてください」と書いてくだされば、
分けますね。(まだ、販売ページが出来ていません^^;)
小口で買うよりも、少しは安く買えると思います。

レモンの販売ページも、今後内容を濃くして行きたいのですが、
まだ時間がかかりそうなので、まずは簡単にアップできるfacebookやブログで
お知らせします。レモン栽培の岡田さんって、私と同じ年なんですね(^^)

(岡田さんの事が変わるページ↓)
http://www001.upp.so-net.ne.jp/ureka/index.htm


空の下、只今春真っ盛りです。
野外が気持ち良い季節ですね。

たのしい春だ~~~~~。





0 件のコメント:

コメントを投稿