2015年4月22日水曜日

青年就農給付金事業について

三年越しで私が取り組んでいる事に
「青年就農給付金事業」があります。
これは新規就農者の経営開始型の国家支援事業の一つですが、
これについて思うところあり、自分が申請者となる事で、
一定の経験を踏んでみたいと思ったからです。
冒頭に言いますが、自然農法で栽培し、独自販路で販売しようとする
Iターンの人がこれを獲得するのは、かなり難しいです。

インターネット上でたまに見られる自然農の人たちのブログ。
ある方の署名もネット上で流れていましたが、私は冷ややかなにこれを観ていました。
何是かと言えば、

「生計の立たない農業は、農業として認知されなくて当たり前」

という考えを持っていたからです。

「お金じゃないんです!」とか、
「自然環境を護っているんです!」

とか主張するなら、環境保護活動の一環という事で
その分野での支援を求めるべきでしょう。。と。

自給自足で農業をする人は別として、一つの事業として農業をするのであれば、
それは、生産物を非生産者に供給するという役割があって、
それを実行できるから農業なのですよね。
それに対して国家は支援対象とするというのが、
国家事業としてあるべき姿だと思うのです。

このような考えがあり、私としては、慣行農法をも超える自然農法に育たなければならないと強く思っていました。今も思っています。
自然農法でも慣行農法に引けを取らない生産性が確保されなければ、
世の中をひっくり返すことなんて出来ないんですよ。
しかし、慣行農法と同じやり方をしていては、自然農法は活かされません。
その一つが販路と価格です。

現状の慣行農法で栽培された農作物と同じ価格で、
同じ販路で販売していては自然農法で生計を立てる事は無理です。
農産物に対して適正な価格で、生産者と消費者がダイレクトに結ばれるような近距離で販売する道を創らなければならない。これは必須です。

現状、自然農法(無農薬無化学肥料栽培)で栽培している農家が行き詰まる点は、ほぼこの一点と言っても過言ではないと思います。
それと同時に、「青年就農給付金事業」の対象として自然農法(無農薬無化学肥料栽培)の従事者が、認められない理由もこの点が大変大きいのです。

この事業を利用する資格にはいくつかの要項を満たす必要があります。

http://www.maff.go.jp/j/new_farmer/n_syunou/pdf/h27_yoko_bekki1.pdf
(↑ 青年就農給付金事業)

読んでもらえると分かると思いますが、そのほとんどが抽象的なのです。

「経営開始計画」という数枚からなる書類を作成して提出するのですが、
ようは、事業計画が実現可能か否かを見られるのです。
当然ですよね。実現不可能な計画ではだめに決まっている。
しかし、これが味噌なんです。

要するに、

「過去のデーターと実績に伴い、この事業計画が実現可能なものであるか否かが判断される」

という事なのだと思うのです。
ここまで言えば分かる人もいると思いますが、過去のデータに乏しいもの、
もしくはないものは通過する事が大変難しいのです。

ですので、新規就農者に課せるとは考えられないような書類提出を要求されました。
例えば、「設定価格での取引実績を示すもの」であったりとか、
その取引によって振り込まれた通帳のコピーとか。。
絶対に、どんな事があっても生産物を下せる先との「売買契約書」とか。。。

言っておきますが、「青年就農給付金事業」って新規就農者の経営不安定な時期をサポートするための支援事業たからね。ここの概念が大事ですから、何度も念を押します(^^)

矛盾してるでしょ。
では、この矛盾を自治体はどう解消しているかというと、
過去に農業学校を出ているか。。とか、農業に従事した経歴があるかとか、
そういうところを見るのです。通り引き先がJAでその価格帯に沿っているとか。
自治体によっては、何々の農業塾に入塾する事を条件としているところもあるのね。
だから、私のように過去の経歴の中に農業をしたことのない人は論外なわけ(笑)

私も子供じゃないから物わかりの悪いことは言いません。

「それなら、一年実績積んで、この計画が実現可能かどうか実践します」

と腹くくったの。
空論で戦うほど馬鹿ではないから。
それと、本当に自分が出来るのかを確認したかったしね。

それで一年目を過ごし、二年目を過ごし、三年目の今年、その間ずっと申請し続けてきました。
高知県から要求される、先にあげた書類も全部提出しましたし、
私の事業計画に則って、取引先も独自販路で広がっているし、売り上げも上がっている。
しかも、事業計画の予定よりも早く広がっているのです。

全ての要項を満たしているにも関わらず、通らないってなんで???
結局は、「実現不可能な事業計画」と判断されたからなのかな?・・・

私は、三年に渡り地道に計画を実行してきました。
自然農バカが蔓延る世の中ではなくて、農薬散布の農業には未来はないと、
人体にも環境にも良くないと思い、それらは、国民健康保険の増額負担とか、
国内自給率の低迷とか、種会社の支配とか、そういった現代の歪みをつくっていて、
それらを改善するためには、絶対に必要な取り組みだと強く思っているからです。

震災で東日本が汚染された今、西日本の土地を活かしていく事で、
安心安全な食べ物を供給できると共に、過疎化に歯止めをかけて、
仕事がないから移転できない人たちの雇用にもつながるとも考えています。
それらを加速する為には、「青年就農給付金事業」の正当な活用が
不可欠なんだとも考えているのです。
だからこそ、自然農バカの主張ではなくて、その根拠を提示できるだけの実績を積むことに努めてきた。そして、現受給者よりもかなり高いハードルを満たしてきたと自負しています。にも拘らずダメなんですか?有りえない。

それでも私は諦めません。まだやっていない事があるから。
今度、県の職員の人と直接話する場を作ってもらう事にしました。
目を見て、なぜだめなのか、その明確な理由を聞きます。
そして、何が必要なのかを見つけます。
改善すべき点を明らかにします。

私が何を諦めないかというと、自然農法(無農薬無化学肥料栽培)が
慣行農法と同じように社会に認知され、行く末は慣行農法を越えて広がる未来を諦めない。
そして、後に続く人たちが正当な支援を受けれるようになるようになる事を諦めない。
更に、まともな自然農業者が増える事を諦めない。

今、世間一般では、「自然農?ヒッピーでしょ?」「大麻好きな人達ね」みたいな
そういう偏見がある。これは事実です。
でもね、当たり前なのよ、そういう実績を積んできたのだから。
ピースとか愛とか言って、ただ勝手な価値観で生きてきた人たちの実績があるからなのよ。
だからこそ、それを塗り替えなければならない。
本当に真面目に社会全体をみて、自然農法で生きている人達がいるのだと、
その実績を積み重ねる事を諦めません。

今私が見ている世界は、長く遠いい道の先にあるけれど、
それらはあるべくしてある世界であるはず。
未来は誰にも分からないけれど、信じた道が本当に価値ある道だったのかを
120パーセント知りたいから、途中では止めません。

長い間したためてきた事を今日ブログで書きました。

空の下では、農薬を使わない生姜つくりをしています。
生姜は空の下の稼ぎ頭です。
どのご家庭でも生姜を使うと思うのです。
しかし、生姜つくりには沢山の農薬が使われています。
その為、病気も蔓延し、一度病気が出た畑は数年使い物になりません。
無農薬では生姜は育たないと思っている人が多いようですが、
そんなことはありません。
適切な時期に適切な種を植えて、面倒もしっかり見てあげれば、
むしろ、農薬を使うよりも病気に強い生姜が出来ます。
薬漬けの生姜を食べても身体に良くありません。

どうぞ、みなさん、無農薬無化学肥料栽培の空の下の生姜を買ってください。
そして、シェアしてください。美味しい生姜を作りますから。

販売を目的とした方には卸価格で取引させていただきます。
シェアを広げる事で、新たな雇用が生れます。
美しい大地が守れます。
農と生活を確かなものに出来ます。

私は、今回、元農林水産大臣の山田さんにDMをしました。
お忙しい方にも関わらず、直ぐに返信くださいました。
本来ならば現職にDMした方がいいですよね(^^)
公的機関と接するのに疲れていて、とりあえず読んでくれるのではないかと
期待して。。。要は話しやすかったのです。

この度から、私の取り組みを公開していく事にします。
私は、自分が善行をしているとは思っていません。
ただ、私の取り組みには、私なりの考えがあって、
そこから社会とかかわる事で、自分自身をブラッシュアップしているのです。
私の取り組みがどうなるのか、この過程を経て空の下がどうなっていくのかを観てもらえればいいかな。

まだまだ力不足の私です。
全ては経験に過ぎない。
助けてくれる人がいて成り立つ空の下です。
私一人の力ではない。
だからこそ、創造の世界を共有し、恵みを共有していかなければならないと思っています。
共に生かされる世界を夢みて。

私に農地を貸してくれる地主さんに感謝します。
ありがとうございます。

2015年4月13日月曜日

自然農とはなんぞや

3月29日に、生姜29コンテナ約464㎏を約一反の畑に植え終わった翌日から雨、雨、雨。。。

3月17日に、みのるポット式にポット苗に種籾を蒔いてからしばらく。。。。ブルーシートを外した数日後から雨、雨、雨。

今年は雨に助けられているというか、水やりの仕事を天が担ってくれています。


私が農業に魅力を感じたのは、自然に溶けれる手段としての農業だった。

中学生の頃から明確な意識の基で「自由」を探し続けてきた私は、
物理的な縛りからの解放と精神性の解放を求めて、
物理的に、又は、精神的に格闘し続けてきた。
支配されることも嫌いだし支配することも嫌い。

誰かの自由を奪う事は大嫌いで、自分自身がつらくなってしまうという、
なんだか訳の分からない性格でね。。バランスが難しいのよ。

。。とにかく、窮屈な世の中なのよ、私には本当に窮屈。

幾つもの不自由から我が身を解放してきた私は、
最終的に、時間からの解放だけが人生のテーマとなったの。
時間からの解放。。。

体内時間、自然のサイクル、、これらから分離した事で、
時間的制約を課せてしまっているのではないとかと思った時から、
私の興味は農業になった。
時間から解放されるためには自然に溶ける必要があるのよ。
それでね、自然に溶けるってどういうことなのかって事が、
現実の課題なのよね。

自然の溶ける農業とは、
先人の経験を基礎とした
一万年の農耕キャリアであり、
変動し続ける自然軸に
拘り、拘らない時の流れである。

そして、即座に動けるフットワークと
地道な努力の先にある
解放された万物のコミュニティーの成果なのだと
そう気付いた今日この頃なのでした。

既に人類は大方の事を経験している。
課題は、その経験からなる知識を
実行に移せるか否かなのであると思うのです。

一つ、扉が開いた気がした農三年目のるんちゃんでした。




2015年4月4日土曜日

4月4日 夜降っていた雨も止んで曇り空

おはようございます。

今年初めてのみのるポット式育苗。
天気に恵まれて何とか育っています。

去年まで、水苗代で育苗をしていました。
田んぼに畝を立て、畝に直播し苗を育てる方法ですが、
畝の高さを一定に揃えるのに苦戦していました。
畝の高さを揃えないと、水位を一定に整える事が出来ないので、
発芽が揃わない、発芽しないなどなどの結果が導き出されるのです。
同じ可能性のある種も環境次第で未来は大きく変わるのです。
それも、わずが数センチ隣の種なのに。。

水苗代で育苗をすると、自動的に手植えになります。
私は手植えに拘ってお米作りを始めたわけではなくて、
ただ、農機具を一切持っていなかったからという理由だけで、
水苗代で育苗、手植え、、手刈り、天日干し・・で二年作りました。
去年の冬、みのるポット式田植え機とハーベスターをくれる人がいて、
チョーーー-ラッキー!!という事で、今年からポット苗、た植木で田植え。

ここで一言

「楽するのも楽じゃない」

機会を使うという事は、企画内に嵌るという事。
ある意味きっちりしないと機械の恩恵を受けれないんですよね。

箱苗がなぜ普及しているのかについて理解できました。
箱苗が一番簡単なんですよ。失敗し辛いのだと思います。

通常・・
・箱苗は、箱の中の一定面積にばらまきすればいい。
・ハウスの中で守られて育つ
・田植え機であっという間に田植え終了

みのるポット式の場合・・
・箱の中の丸い穴に種籾三つ程度を確実に入れる

これが、一手間ですわ。

それでそれで、水苗代にしろ、箱苗にしろ、ポット式にしろ、
やっぱりこれなんだよなあ。。と思ったのが「畝」ですね。
どちらにしても畝作りは大事だわ。
畝をきれいに作る技術は必須です。

育苗に関しては、まだまだ未熟者。
発芽にバラツキがあるでしょ。
バラつきなく、一定に発芽させるにはまだまだ経験不足。
でも、今年、何がだめだったのか、わかったので、
来年はもっと上手くなります。


白くピロッと出ているのが根。
これが地中に潜っていく。
一方で発芽がして、緑色のきれいな苗になります。
ほら、こんなにばらつきがあるの。
早く育った苗も、これから育とうとしている苗も、
大事にしていかないと。
下手だと、この差に心がザワつくから疲れる。
でもね、そんな時に思い出す言葉があります。

「米はえらいきね」

田んぼを貸してくれるおじさんの言葉です。

米はえらいき、大概のことは大丈夫、心配するに及ばないという事。
この言葉がまだまだ私の育苗の心の支えです。
だから、まだ芽が出ていない所もじっくり待ちます。

適期に合わすにはまだまだだわ。
それでも、私はお米作りが好きです。
もっと上手くなりたいし、「自分が育てている」
と思えるような手応えを掴みたい。
今はまだ、「育ってくれている」感じですから。

育つ力とは自然の恩恵。
育てる力は人の知恵。
この二つがバランスよく育つとき、
きっとすべてが輝いて感じるのだと思います。

今年使った種籾は8キロ
箱苗の数89枚
植え付け予定面積 3.5反

お米を作り続ける理由は、

・主食だから

多分それでけ。

主食を作れるって安心だもの。
自分で作るお米は間違いなく美味しいです。

作付面積を増やす理由

・シェアしたいから

「美味しくて安全なお米ありますよ」
って言いたい。

沢山作れれば、沢山シェア出来る。
恵の大地を護れる。

欲かかなければ、無農薬でもお米は作れます。
欲かくポイントを変えれば無農薬でお米を作る事は、
誰にでも出来る。

農薬を使う稲作よりもハードル下がりますよ。

そういった考え方を当たり前にしたいね。

「自分が育てている」
と確認できる実力と
「育ってくれている」
と思えるゆとりのある
そんなお米作りを目指そうかな。

そんなわたしなので、まだまだ祈ります。

「種籾さん、頑張って育ってね」

種籾は頑張らないと思うけどね(笑)