2015年2月27日金曜日

文旦の山のあれこれ


今年から空の下で栽培管理することになった文旦の木約50本。

山の持ち主は、20歳のお孫さんがいるおばあさん。

戦後まもなく国から買った山でサツマイモを育ていた時の話。

傍らに赤ちゃんを置いて、芋を掘っていたとか。

「オギャーオギャー」

赤ちゃんの泣き声にはっと見ると、
下に転がっていて泣いていたらしく、

「それを見て大笑いしたもんよ」

と、おばあさん話してくれました。

ご自身も数年前に木から落ちたんですって。

「高いところに良いものがなっていると、
何とか取りたいと思って、つい手を伸ばし過ぎて落ちるがよ」

らしいです(^^)
ほんと、昔の人は大らかというか、ワイルドですよね。
地に足を付けて生きてきた強さが満ちています。

今回は三年契約で、空の下が管理することになりました。
将来は定年後のご子息が継がれるかもしれないし、
継がないかもしれないし、未来は不確定ですが、いずれにしても、
無農薬無肥料で、美味しい文旦が育つよう、
管理しやすく美しい風景を創れたらいいなあと思っています。
そして、出来る事なら50本の木と人の暮らしを繋げたい。
空の下の願いです。

普通は、いきなり50本もの木を請け負うなんてできませんよね。
都会に居れば、休日に旅行がてら自然の風景に触れるのが精々です。
私も生姜で就農して、お米も作ってはいるけれど、
文旦の世話をするなんて思っても居ませんでした。
ただ、私が移住した地域は過疎の農村でしたので、
衰退していく村に活気を戻したいというか、
この風景や人の営みを残していきたいとの思いがあり、
一年以上悩みましたが、スタッフが増えたこともあって、
今年度から空の下で引き継ぐことにしたのです。

農業が衰退している大きな理由は、
農業で生活をすることの障壁が高い事が挙げられます。
農家出の後継ぎは本当に少ないですよ。
自然の中で格闘して来た年寄りの多くは、子供に農業を奨めなかったんですね。

家が農家でも何でもない人が農業に従事する為には、
土地を買うか借りるかしなければなりませんが、
なるかならないか分からない段階で、
農地を買うのはリスクが高すぎるし、
借りるにしても、大切な農地を知らない人に
いきなり貸すことは殆どの農家はしません。
行政の新規就農者への支援も手薄ですから、
なかなか引き継げるゆとりのある人はいないんですよ。

私だって、そんなゆとりは本当はありません。
離婚して子供を二人育てていますから、現金収入は必須です。
でも、どうしても私はこれを仕事にしたいのですよ。
この自然の中でお米や野菜や果樹を育てた農民の
その成果を後世にまで引き継いでいきたいですし、
そうと決めて踏み込んだ道ですから、目の前に見捨てられそうな
農地があれば、何とかしたいわけです。

私は、従来のような栽培者が作って収穫して売るという
管理の仕方をしたいとは思っていません。
私の目的は、文旦をお金にする事というよりは、
都会と田舎を繋ぐツールにする事なんですよね。
都会で生活をしてる、働いていていながら、
高知県の中土佐に文旦の木を育てられる仕組みを作る事に
興味があるのです。

その為の繋ぐ仕事が出来ればいいなあと思っているのです。

【例えば。。】
●年間5000円/本でオーナーになる。

身体を使って5千円でオーナーになろう!
剪定、芽摘み、摘果、収穫の作業は、基本的にはオーナーの仕事です。
オーナーの事情により作業することが出来ない場合は、
一回4000円で空の下が請け負います。
その年の実りはすべてオーナーの物となります。

●最高年間21000円/本でオーナーになる。

時間の無い方は、一切の作業を空の下に委託した場合、
年間21000円で文旦の木のオーナーになれます。
得られる文旦の量は、その年によって変わりますが、
最低でも15000円分の文旦約25キロ前後を空の下で保証します。
と、こんな感じの事を考えています。


今年のスケジュールとして、3月7日に

『未来の風景を一緒に創ろう!
文旦の山と海と美味しいのイベント』

を行います。

混雑した枝を剪定して、光と風を取り入れる事で、
害虫の発生を防ぎます。

収穫量は前年度より減る事になると思いますが、
今年よりも美味しい文旦になるはず。

その根拠は、昨年ポンカンの木を同じように、
剪定して育てたところ、味も更によくなり、
収量が減った分、充実した実を付けるに至りました。
文旦の木も、風と光を入れる事で、
必ず美味しい逸品が育つと期待しています。

将来的には、オーナーが作業に泊りで来れるような
宿泊施設を用意したいと思っています。

幾つか構想があるんですが、差し当たり、
同敷地内にログハウスを建設予定です。

頑張って作業を進めてはいるのですが、なんせ常駐スタッフ2名で、
その内の一人が全面的に作業を担っている状況ですので、
なかなか進まないですね。
予算もないので、時間がかかります。

そんな中、日立の「環境NPO助成」に申請をしていたりもして、
これもかなりハードル高いみたいなのですが、
なんでも挑戦してみる事にしています。

これから間違いなく増えていくと思われる、
耕作人を失った果樹、畑、田んぼに対応していく為にも、
より多くの人たちが、負担も喜びもシェアしあい、
その結果、都会と田舎を繋ぐ懸け橋となるような
そんな仕組みを皆さんと共に築き上げていきたいと
強く願っています。

何しろ初めての試みですので、進むごとに実態が掴めて、
改善点が見つかるようなそんなプロセスが不可欠だと想像します。
オーナーさんと空の下と共に、丁度良いバランスからなる仕組みを
創造していきたいので、ご興味をお持ちの方は、
是非オーナーとしてご参加ください。

えーと、とても長くなってしまいました。
ここまで読んでいただいた皆様ありがとうございました。

どういう形で発信していくべきか、毎日考えておりましたが、
結局は、こういう形で発信させていただきました。
空の下は、農業、小売業の留まることなく、
それらの環境そのものをシェアしていく事を目指しています。

過疎化は日本の大問題です。
何か新しい仕組みを生み出さなければ、
ベクトルを変える事は絶対に(言い切ります)できません。
既存の取り組みでは正直無理だと宣言しましょう。

物理的な弊害が大きすぎるのです。
この物理的弊害を乗り越えるだけの創造性が必要です。

皆様、休日のレジャーに文旦を育ててみませんか?
農作物を作る喜びや苦労を少しだけ、バーチャルな感じでもいいので、
体感してみませんか?

それらの経験は必ず皆さんの人生を豊かにしてくれるはずです。
空の下では、そのサポートをしていきたいと思いますので
ご意見やご要望、ご提案などございましたら、
ご遠慮なくお問い合わせ下さい。

info@soranosita.net
(↑お問い合わせ)

同文旦の山で収穫した文旦をfbcartで販売しています。
とても美味しい文旦ですので、是非ご賞味ください。

【高知県産 無農薬有機栽培文旦 5キロ(13個前後入り)】
販売数: 4箱
価格 : 2600円(消費税 送料込み)
https://fbcart.jp/item/2494/47210/12982/
(↑ ご注文はfbcartからお願いします)

【高知県産 無農薬有機栽培文旦 10キロ箱(約11キロ、25個前後入り)】
販売数: 2箱
価格 : 5000円(消費税 送料込み)
https://fbcart.jp/item/2494/47163/12982/
(↑ ご注文はfbcartからお願いします)
それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。
今後とも空の下をどうぞよろしくお願いします。






0 件のコメント:

コメントを投稿