2014年11月11日火曜日

空の下 ~・一人の女性が農婦になるまでの物語・~ その3

その夜は、そのまま友達の車に乗って家族四人友達の家に行ったんだ。
暖かいシチューを用意していてくれて、本当においしかった。
体に優しい食べ物と静かな時間にたどり着けたよって。。

当時、私たちは避難者で、ありがたい事にとっても親切に非日常を与えてもらっていた。
でも、それが凄く疲れてね。だって一緒に避難できなかった東京にいる母の事とか、
兄家族のことなんかを考えて胸が裂けそうだったし、それでいて一見何も変わらないかのような世界の中で、普通を装っているのも、避難者として扱われるのも、どちらも辛かった。
いつだって、どんな時も普通の場所でいたかったんだよね。
お客様でいるのって本当に疲れるんだもん。贅沢な事だと思うかもしれないけど、
お客さまでいるのって疲れるの。
だから、静かで平和でゆっくりとした時間の流れる友達の家に来た時はホッとした。

独立している楽さっていうか、快適さっているか。。
このバランスってきっと難しいんだろうな。
助け合いながらも独立してる事って、日本人の大きな課題だと思う。
私を受け入れてくれた彼女は、もう何年も前に関東から四国に移住していて、
独自に社会活動に参加したり、土着の問題に取り組んだり、それもマイペースでしていたんだろうな。3.11の事態にも敏感に反応していて、関東からの移住者も当然の如くその必要枠を感知して、私達家族を受け入れるに当たって役場に働きかけて、受け入れ態勢を整えていてくれたの。
だから、私たち家族は異例の速さで町営住宅に入居することが出来た。
特例だよね。でも、それも私たち家族だけで終わってしまったんだけどね。
私たち家族は、その瞬間に走ったムーブに乗ったのね、だから、全てが異例の速さで進んだんだよ。高知県内のこの地に住めるようになるのは本当に早かった。

ノアの箱舟に乗ってから、箱舟がたどり着いた先がこの地だったんだよねって、
何の疑いもなく思えるほど、私自身はなーーんにもしなかった。
ただ、流されていただけ。一つだけこの波に乗る前に心に誓ったことがあったの。
それは、止まるところまで流され続けよるって事。
それはどういう事かというと、自我を出さないという事。
ただ、目の前に現れたものを受け入れるという事。
結局私が町営住宅に住むまでにした事と言えば、お礼を言う事だけだったわね。
「ありがとうございます」
って、それだけ、、でも何回言ったかなw相当言ったと思うよ。
友達が全部やってくれたの、しかも初対面の友達が。
一生忘れない感謝の気持ち。

そうそう、町営住宅に入居するにあたって一つだけ選ばなければならない事があったんだ。
それは、全校児童6名の小学校に小学校三年生に娘を入学させるかどうかって事。
その小学校に入学させることが同地域に町営住宅に入居する条件だったのよ。
(この町営住宅は小学校の児童数を増やす目的で建てられた住宅なのです)
隣の町に行けば、人学年40名ほどいる小学校があるの。
そこに通わすこともできる。
一方、町営住宅のある小学校は全校児童6名。
何年も前から休校がささやかれている小学校で、しかし、地域の人達の強い希望もあって存続している小学校だったのね。そんな経緯もあって、同地域に子供が来るって事は一大事だったのよ。
注目の的でね。地域の小学校に入ってほしいって強く願う人が何人もいたのよね。

『子宝』って言葉が生きている場所だなって思った。
都会に住んでいると、子供は邪魔者扱いされることが頻繁にあるでしょ。
商売の的としてのサービスはあるけど、子供が自由に遊べる場所や、
子供を見守る暖かい目って本当に少ない。
嫌になるくらい窮屈な都会には、子供は邪魔みたいな空気が沢山ある。
だから、嬉しかった、素敵だなって思った、子供を見守る村の人たちの目がね。

私が子供の頃に毎年父に連れられ行った父の郷里。
村には数人の子供しかいない村。
私が流れ着いた村は、子供の頃に見たそれにとっても似ていたの。
三十年前の父の里と同じような状況の村。
ちょっと恥ずかしいけど、運命を感じた。
だって、震災前の約三年ほどは、いつも疑問に思っていたの。
過疎化が進み消えていく農村があって、国内自給率も下がっていて
それらが大きな社会問題になっている一方で、
一極集中の過密地帯東京の住宅問題とか、粗悪な食品問題とか、両極端な世の中。
私は日々高額の家賃や生活費を稼ぐ為にダッシュで働いて、一日が終わるころにはクタクタ。
家を買うにも借りるにも、一生の時間のほとんどを労働に費やさなければならない都会での生活。
父が愛した里は、住む人が居なくなり淋しくなる一方よ。
沢山の田んぼや畑や山や広い家があるのにねって。

毎日、台所に立ちながら、

「これでいいのかな?なんかおかしいな?」

「都会に不満を持っている私が、それでも田舎に移住できないのはなんでだ???」

「今の生活の場を変える事が出来ないからか。。。苦しいな。。」

って、その思いは日々募るばかりだった。

「あーだこーだ社会問題を口にいたり、不満を言ったりしていたって、
結局は、何?都会の美味しい蜜に浸っていたいわけ私??って、
目の前にある問題に、しかも、それは手を伸ばせば触れる事が出来るかもしれないのに、
ほっとくわけだ私は・・・、これじゃー、偉そうなこと言えないよね、私==。」

ってww

田舎から人が消えていくことを憂いていても何もできない自分がもどかしかったのよね。
そんな最中に3.11があって、たどり着いた先が過疎の村だったの。
これは運命だと思うでしょ?ww
私に与えられたミッションだって、『思う存分やりなさいよっ』って言われてるなーと、そう思った本気で。

次回に続く・・・

0 件のコメント:

コメントを投稿