2014年4月25日金曜日

固く柔らかいもの

思い出すと
哀しくなる
胸にナイフが
突き刺さっている

そのナイフは
抜かれることもなく
時間とともに
草に覆われ
やがては
地に埋れて
その姿を隠す

土に変わることない
そのナイフは
時間と経過と共に
その哀しみを
不動のものに
していくのだ




0 件のコメント:

コメントを投稿