2014年3月25日火曜日

まぼろし

子供の頃、
中央線のホームで思った

「すれ違う人、目の前にたまたま居合わせた人、
それら全てを記憶に留められたとしたら、
一生で何人の人に出会うことになるんだろう。。」


今、目の前を通り過ぎて行く人々。
その後ろに時間の帯が見える。

0 件のコメント:

コメントを投稿