2014年3月19日水曜日

椿の花

私は
椿の花が
好き

幾重にも
好ろを積み
重ねたような
赤色

冬の寒さを
ものともしない
花弁

真っ直ぐ
見定める
瞳のような
雌しべ

山裾あたりに
ひときわ鮮やかに、
それでいて
周りの空気に
触れる様子もなく
ひっそりと咲いている
椿の花は、
離れて鮮やか
傍に落ちつく
なんとも
妖艶な魅力がある










0 件のコメント:

コメントを投稿