2014年1月17日金曜日

田んぼの草刈進んでます。

先日、友達3人で田んぼの草刈をしました。
三人いると進みが早いですね。

ぼうぼうの草を刈り取っていくと、そこには石垣が。。
一部、腐葉土で朽ちてしまっている部分もありましたが、蘇りつつある風景。
石垣っていいですよね。私は好きです。
先人の苦労を無駄にしない。
風景が蘇ってくる瞬間に湧き上がる高揚感は、
何物にも代えがたい喜びです。

耕作放棄地といえども、誰でも買えるわけではありません。
一定の基準を満たして農業従事者と認められなければ、
農地は買う事ができません。
この田んぼは借りているのですが、
お米を作る事で、景観も整えることが出来るんです。
農業は食物を作るだけでなく、景観をデザインすることも出来る、
大変素晴らしい仕事です。


私が女性なので、当初はみなさん女が一人で出来るのか??って、
思ってたと思う。
でも、昨年一年やり遂げたことでみんな見る目変えたはず。
そして、今年は、あちらこちらで協力者が増えています。

先日も以前から何かとお世話になっていたご夫婦から、

「うちのたんぼも使って」

って、沢山話を聞いてくれて、してくれて、なんとありがたい事だ。

既に今年は一反5畝増やす方向で動いていたので、

「本当に嬉しい話でありがとうございます。ただ、まだ私の実力がなくて
これ以上今年は増やせないので、また、その時期がきたらよろしくお願いします」

と、丁寧にお礼を言ったところ、

「うちにある農機具全部使っていいから。。」

と言ってくださって、本当にありがとうございます。

早速、今日倉庫を見に行ってきたのですが、全部ある(^^)
トラクター、管理機、コンバイン、乾燥機etc
凄いよ。
今度、詳しい友達と一緒に改めて見に行くことにしました。

今年は、人のつながりが早い。
年末から始まって、次々と繋がっています。
これらの出会いを無駄にすることのないよう、
更に実力をつけていきたいです。

それと、生姜の販路を開拓中。
日に日に自分が作った生姜の旨みに気づかされているきょう今日この頃。
売るのって、ちと気が引けるところがあったんだけど(商売人じゃないので。。)
これだけ美味しいなら売らなきゃ生姜に悪い気持ちになってきたのと、
これなら喜んでくれるんじゃないかなって、強く思ったので、
早速、兵庫に住んでいる友達に相談したら、
取り扱ってくれるって事になって、
しかも、私の言葉信じてくれて、サンプルなしでいきなり取引してくれるって(^^)
人と人との繋がりに感謝。。。人間ってすごいよ。

なんだか、面倒なシステムの中で生きてる人多いけど、
例えば、不動産とかもそう。
家借りるのに不動産通して、敷礼払って入居して、管理費だの、保証人が二人とか、
本当に目的にたどり着くまでにとにかく面倒な事多い。
でも、ここは違う。そんなのいらない。
信用は対面して、対談して、心交わしたところで初めて作られるもので、
それがあれば、ペーパーなんていらないの。
何よりも人と人との信頼関係で動いてる。
これって本当にすごい事ですよ。

真実はいつも人の内にある。
真実ではないところで、混乱に陥っている事って多いでしょ。
目を覚まして、自分の心の目で世界を見渡せば、
問題なんてほとんどない事に気づくんだよね。
ただあるのは、じぶんが成長するための課題だけなんです。

もう一つ。
天使が現れて薪ストーブ設置してくれた。
昨年友達から安く譲ってもらった薪ストーブ、今年設置は無理と諦めていたところに、
突如現れた天使。

「薪ストーブ使わなもったいないろー」

と、無償で設置してくれるとな。

これは有り難いと、一気にエンジンかかって、土間の片付け開始。
翌々日に設置に来てもらいました。
薪ストーブサイコーーーー。
温い。。。ほっこりする。。。。。

 

ほぼ半日かけてつけてくれて、感謝します。
もちろん、感謝の気持ちを込めて何か喜んでくれるお礼をします。

都会なら、その多くが設置代いくら。。。って取引でしょ?
でも、違う。交流重ねて、そんなの不要だよって言ってくれる。
この人たち凄すぎたよ。
でも、私の気持ちが済まないので、喜んでもらうお礼をするの、私なりの。
お金挟まなくても成り立つ仕組みがこんなにあるなんて。
こんなやり取りがあるって事を、もっとみんなに真面目に考えてほしい。

年明け早々、こんなことの連続で、
喜びを得るたびに身が引きしまる思いです。
この言葉を生姜を引き受けてくれた兵庫の友達に言ったら、

「気楽に、、いつもの通りで。。」

って言ってくれた。

いつもの通りで。。。そう、いつもの通り、
自分以上の幸せに心から感謝する。

誰も傷つけず、ただ、目の前にある風景と、人の笑顔の中で生き続けられますように。







0 件のコメント:

コメントを投稿