2013年11月26日火曜日

ポンカンの収穫始めました。

2013年11月26日?だっけ?
本日、ポンカンの収穫開始です。

ここサギタにはポンカンの木がえーーと、いくつだっけ??
6本くらいあります。
既に色ついているポンカンの木がありまして、
その木から順に収穫しよう!ってことで、今日から。。。

この一か月くらい、果樹の勉強をしようと、古い本を読んでしましが、
うーーーん、今一進まない。。
なんか、知らない用語ばっかり出てきて、しかも理屈っぽくて面白くない。。。。
でも、どーしても勉強したかったので、
「なにか、いい本はないかなー」
と、思いつつ、GETした本が、
川口由一さん監修の「自然農の果物づくり」と、
木村秋則さん・荒 了寛さんの「リンゴの心」

川口由一さんは、自然農で野菜、お米を作っていて、
それらの事を書いた本は知っていたんだけど、
果物の本が出ているとは知らず、Amazonで見つけて即買い。
プロローグだけで、グッと引き込めれる世界がある。
果物を愛でる喜び、旨みが感覚的に伝わってくるんだよね。

「大いなる自然に沿い従いつつ、適期に適切に手助けしてやる果樹畑は、人の気が通い、清々しくさわやかです。もたらされる恵は色とりどりに美しく、姿かたちは絶妙で宿すいのちは十全にして味はなんとも美味、実りを手にしたときの喜びは深く、感謝の思いが静かに湧き出てきます。。。」

から始まって、

「いのち輝く玉の実を味わう幸せへと親切ていねいに道案内いたしてくれることと思います」

うーーーん、味わいたい(^^)

敷地内に居る、枇杷の木、ポンカンの木、文旦の木、温州の木、きんかんの木、かきの木、梅の木、ヤマモモの木、と心通じるようになりたい。。と思っては居ても、今一コミュニケーションの仕方がわからなかったの。
心って言ったって、心があっても、余計な手を加えたりしたらいけないでしょ。
そう思って、具体的な選定の仕方とかを勉強しようと思って、別の本を読んではいたんだけど、
読んでも、木に触れる気にはならなかった。
でも、この本を手にしたときに、気に触ろうって気持ちになったんだよね。

もう一つの本、木村秋則さんの本だけど、この本もとっても良かった。
木との距離が近くなったな。。木と話をする事がとても普通のことに思えた。

人に触れるときだって、いきなり知らない人に触れたりしないじゃない?
木にも同じように接したっていいよね。
触る前に、「今日は、実を採らせてね」って、断りを入れてから採ることにしたの。
そのほうが、なんだか安心できるし。。。

この本に、とってもいい事が書いてあったんだ。

仏教の言葉で仏性という言葉があんだって。
宗派によって、仏性を持ち合わせている存在に違いはあるけれども、
私たちが、慈悲の心で物を見るとき、それは”仏性を見ている”というのだそうです。
慈悲の心とは、共に喜び、共に悲しむ心のこと。
植物に心があるのか、無いのかは、見る側の心の有りようなのだという事なんですね。
慈悲の心で、木を見るとき、私は、木の声を聞く事が出来るんだと、
なんだか、とっても腑に落ちたんですよね。
このようなコミュニケーションの方法は、いつも私がしている事だったから。
それは、犬とか、猫とか、人間とか、お米とか、空とか、海とか、そういったものに、
いつも仏性を見てるから。。
これなら、私にも出来るかなって気になってきた(^^)

それで、早速、ポンカン収穫開始!となったわけです。

今日は、この木一本に決めた!

 
 
色もついていて、「採らせてね」
と声をかけてから作業開始です。


たわわと実ってる。


でも、見て、この木、主幹の割に枝が伸びすぎているような気がしませんか?



なんだか、重い荷物を持っているみたいで大変そう。。。
なので、収穫した後、剪定することに。
なんとなく本で読んでいた知識を使って。。

そんなこんなで、果樹をとりつつ、枝の剪定をしつつ、気がついたら、
山の斜面から、更には山に登って、枯れた木とか、笹竹とか、とにかくワンサカある草木を刈り取っていた。。。。ところがところが、次々に出てくる出てくる柑橘の木。。。
「えーーーと、これはポンカンの木かい??」
と、まだ、わかもわからないが、沢山の笹竹やら、なんだかわからない木がびよーーーんと伸びていて、柑橘の木が圧倒されていまして、苦しそうだったので、鋸出して、コギコギ、クワでバサバサと。。。ふーーー。。

「うん、なんかいい感じ、軽やかになったわ。風も通るようになったし。。。」

んでもって、切った枝とか、すでに切ってあって、放置されていた木などを引きづりだし、
薪に使う事に。。。。なんか、森の樵になった気分でチトよかった。
ここ、サギタには、まだまだ、私が知らない魅力がある。

そんなことで、今日はコンテナ一個分を収穫しました。
一月ほど寝かせて熟したところで食べると美味しいんだよ。

 
こんな感じで、

 
新聞で保温。。



 
布をかけておやすみ。。。

このポンカンは、一度だけマシン油というもので消毒をしただけの有機無農薬ポンカンです。
例年とってもおいしいポンカンなんですよ。

今年は、初めて私が収穫することになりました。。というか、今年から私が栽培管理者です。
本当に勉強すること沢山だー。何とか活かしていきたい。はじめの一歩。

それで、”果樹園空の下openイベント ~ぽんかん採り放題パーティー~をする事になりました。
日時は12月14日(土)タイムスケジュールがまだ決定していません。

内容は、
(ポンカン採り…午前中から)
(お猿さんの生態を調べている芦田さんの講演…午後一くらい)
(映画上映…夕方から夜にかけて)
(フリーサイトでも食べ飲みだんらん・・日暮れとともに)
といった内容で企画進行中です。

テント宿泊OK,シュラフ持参、離れでお泊りOK、
採ったポンカン食べながら海でぼーーとするもよし、
火を囲んでお喋りするもよし、映画を見たければ見てもよし、
食べ物持ってきてもよしと、犬も連れて来てよし、子供連れ大歓迎、
人に迷惑をかけなければよし!です。
参加費はただですが、カンパお願いします。

ゆるりとピースな時間を共に過ごしませんか。。(晴れるといいな。。)

詳細が決定次第、空の下HPの”イベント情報”内でお知らせします。

そんなこんなで、明日も一本ポンカン収穫します。
やっと、午前中は農作業で、午後にPCとか彫金が出来るように戻ったわ。

0 件のコメント:

コメントを投稿