2013年7月22日月曜日

みどりの党から中土佐町の開票立会人を務めてきました

昨夜、高知県高岡郡中土佐町の開票立会人を緑の党から務めてきました。

7時45分集合、8時開票、12時10分終了。

開票立会人は全部で4名でした。
(自民党、公明党、共産党、みどりの党)
開票立会人は各党から1名出せるのですが、少ないですよね。
開票に対しての意識が非常に低いことを実感しました。

始めに、役場の職員が開票、政党名、個人名別に票を仕分けします。
それらは、すべて、開票立会人が確認して、ハンを押して、始めて認められます。

しかし、開票立会人の意識が非常に低く、そもそも、その役割を果たしているのか??大変疑問です。
役場の課長が、開票時刻前に、私たちに行った説明はこうでした。

「票が束になって回ってきますので、それを、パラパラとでもいいですから、見てもらって、その後、判を押してください」

「はっ?」って感じですよね。

要は「見ても見なくてもいいですから、ハンだけ押してください。」と言っている訳です。

そして、現実的に、自民党、公明党の開票立会人は、ほとんどいい加減でしたね。
ちゃんと見てません。くじ引きで、公明党、自民党、みどりの党、共産党の順番でチェックしたので、実態は明らかです。
現に私は、誤票(A候補者の票の中にB候補者の票が混ざっていた)を一票、
公平性に欠けると思われる判断がされていると疑問に思う票を5表、明らかに疑問に思う票を9票確認しました。

公平性に欠けると思った票の一例は、「えとうせいいち」候補に入った一票です。
「えんどうせいいち」と書かれた票が、「えとうせいいち」の票となっていましたので、
「えんどうのぶひこ」候補と、どちらか判断できないのではないかと異議を申したところ。「せいいちと書いてあるので、間違えるとしたら、えとうせいいちをえんどうせいいちと間違えるはずだ。なので、これは、えとうせいいちの票です」との説明。
こんな道理が通りますか?
まったく、理屈としては、未熟ですよね。
他にも「山本ひろし」の票になってしまった、「山本なになに」も2.3票あったと思います。これについても「山本」もいるし、「なになに」もいるのに、なぜが、この場合は、姓のほうに、妥当性があるという判断で、「山本ひろし」の票になっています。
「えとうせいいち」の場合は、名に妥当性があると判断されるなんて、その根拠は??まったく矛盾しています。

これに関連することですが、按分票というのがあります。
たとえば、「山田」とだけ明記された票にかんして、山田候補が4名いた場合は按分票になり、折半となるのです。数十票が按分対象になっていましたが、山本ひろしと
えとうせいいちに流れた票にも、按分が妥当だと思う票が数表ありました。
この違いは、主観以外の何物でもないと思われます。

また、無効票の中に、
「羽生田なになに」と明記された票がありました。
羽生田候補は一名だけです。
にも拘らず、このケースでは、無効票になっています。

私が、もっともおかしいと思ったケースは、「みどりの風」の略称「みどり」と書かれた票9票がすべて、按分になったことです。
按分の対象者は自民党の「石井みどり」候補。
みどりだけではどちらか分かりかねる。。との見解。
みどりの風は略称「みどり」と公認されているにも拘らず、「みどり」では、「石井みどり」「みどりの風」か分からないとのことで、これについては、開票人、仕分け人の判断ではなく、高知県からの指導内容に書かれているとのことでした。まったく、可笑しなことだと思いましたので、この件に関しては、直接「みどりの風」の谷岡くにこさんのh`pからメールでお知らせしました。
これが、全国的に行われていたとしたら、「みどり」の相当な票が、按分になっているはずです。

以上、私の開票立会人報告でした。
選挙の開票については、不正が行われる余地はありとの印象でした。

開票途中に関しては、不正が行われる可能性は極めて低いでしょう。
しかし、仕分けされた票をカウントする時点では、十二分に起こりえます。
人の手で、分別され、人の手で、票に記入しますから、この時点でも不正を行う余地はあります。(可能性としてあるという事です)そして、最終段階で、pcに打ち込みますが、この時点でも不正を行う可能性は否定できません。
ようは、開票、仕分けする立場の人の前では、一票はあまりに無防備だということなんです。

私たちが、投票する時には、厳重に掛けられた鍵も、開票時点では、当然のことですが、何人もの手に渡るのです。

そこで、私は、次の提案をします。
選挙区、比例区と二つの投票箱になっていますが、
選挙区、比例区をさらに小分けにして、各政党別で投票箱を設置する事を提案したいです。
そうすれば、開票時には、票を束ねる人と機械に欠ける人、監視人を各一名つけるとしても、一政党につき比例で4名、選挙区で4名の計8名で済みます。開票時間も短縮できますし、不正が行われる可能性もグッと減ります。数え間違いもないでしょう。

その場合のデメリットがあるとすれば、
投票時に誰がどの党に入れたかがわかる。これを嫌がる声があるかもしれませんが、そもそも、人に知られたらまずいと思う意識で投票するな!と。
誰がダどこに入れたか、それを隠すためだけ(そのほかに理由があるかしら。。)に、現行を維持するのなら、それはあまりにも愚かで、未熟な国民性だと思います。
あと、考えられるとしたら、間違って、別の党の投票箱に居れたら、それで最後ですけど、そんな事を言ったら、今でも、要は、不正確な明記で無効票になっている物もあるので、そんなことを考慮したら切りがない。間違えて入れる意識の低さを見直すべきだ。

実際に、「公明党」を「高明等」って書いていたり、候補者名が微妙に間違っている票が多い事。びっくり!書く前に確認したら?って思う。目の前に丁寧に一覧があるじゃないか。。

開票時、機会に欠ける前に束を無くす事が出来れば、不正は行えますが、実際難しいと思います。

長々と書き込みましたが、選挙があまりにも未成熟だと強く感じる経験でした。

最後に報告。
中土佐町有権者数約7000人(細かい数字は調べてください)投票率53.196パーセントでした。

こんな過疎地で、みどりの党の票が39票。内、三宅洋平明記の票が30票もありました。都会に住んでいる人には、この30票は、少な過ぎるかもしれませんが、中土佐町というところは、光も通っていないエリアなんですよ。そこで、三宅洋平を支持した人が30人もいるのですから、彼が発したムーブは日本全国津々浦々まで、行き渡っているといえます。
私は、この30人が誰なのか知りたいです。小さな町なので、知ることは出来ると思います。この仲間と何かしていきたい。

私たちの未来はこれからだ。今始まったばかり。

そうそう、この前笹場の浜にウミガメが産卵しに来たんだよ。
すごかった。
選挙で、ブログにアップできなかったけど。。。

田んぼのいのしい対策も、友達としてきた。(金網をして、入れないようにするんだけど、その網が機能しているかを確認して、補正した)じきに草刈しないと。

私の田んぼは、カエルがいっぱい、トンボもいっぱいで、何より、稲がのびのび、生き生きしています。ほかの田んぼは窮屈そう。私が稲だったら、私の田んぼの稲になりたいなー。。と思う。エネルギーが強い。


時間がない中、書き込んでいるので、誤字脱字がたくさんあるかも。。お許しあれ。



5 件のコメント:

  1. このコメントは投稿者によって削除されました。

    返信削除
  2. みどり案分は御愁傷様。一方でグリーンズにはか「みどり」票はおろか「緑」票も案分されなかったそうで、さらに御愁傷様。「みやけ」「洋平」も案分だそうで、かなり損しているかもしれません。次は「自民維新」とかいう名前にして逆におこぼれに与るのはいかが。
    ただ、投票箱の細分化はいただけないな。秘密投票の意義をわかっていますか?もっとも参議院比例については政党名か個人名かで箱を分けるのはアリかな。それでも投票ミスが相次いで開票作業は混乱しそうだけど。

    返信削除


  3. みどりの風に入れた人の一票が、どんな思いの一票だったのかは、本人しか分からないと思う。だからこそ、よく考えた方がいいと思います。

    石井みどりさんに投票した人が「みどり」とは書かないんじゃないか?という理屈は主観でしかない。按分に関しては、客観性が唯一でしょう。ならば、「みどり」との略称はないじゃないかと、思うところです。

    もし、「みんな」との略称があって、「山田みんな」という人が立候補していたら、みんなの党は、略称を変えたほうが懸命ですよね。

    「清き一票」を求める人は、そもそも按分狙いはないわけですから。

    「みやけ」にかんしては、按分になるでしょうね。もう1人、みやけさんがいましたから。「洋平」は確認していないけど、洋平さんがいたら按分でしょうね。これは客観的に見たらしょうがないんじゃないかな。

    「自民維新」にしたら、無効票になります。

    秘密投票の意義ですか。。。
    悪い人が多いと、本当に皆のためになるラインが有効化されないですよね。

    投票用紙には、しっかりと力を込めて記入するような、そんな時代だと、私は思っていますが、時代のとらえ方について、そもそも論となるわけです。

    返信削除
  4. 略称を変えた方が賢明との見解が妥当だと思います。一方で、略称を「グリーン」にしたことで、「緑」票まで失ったとされる緑の党を考えると、簡単に割り切れないところもあるでしょう。例えば(「自民」はさすがに非現実的だったけれど)西尾維新が出馬したら、維新の会は略称変更(「維新」票を失う)か案分かを迫られるなんて、おかしな話ではないですか。案分は有効投票数に応じてなされるといっても妨害には十分使える気がします。

    秘密投票の件は、独裁国家に見られる記名投票の例を想起してください。古い時代の話だとか、日本では(先進国では)あり得ないとか思っていらっしゃるから、そもそも論になるのでしょうが、平和ボケといわざるを得ません。独裁国家は現在するし、日本でも二大政党制は崩壊しました。
    そして、未だに思想に対する差別が生じうるということを理解してください。事故前は反原発もある種の危険思想だと認識されていたはずです。

    返信削除
  5. コメントありがとうございます。

    はじめのコメントは、人間っぽい感じがしませんでしたが、二回目のコメントは、人間っぽい感じがして、伝わってくるものが良かったです。(思いっきり主観)

    冒頭から、話が逸れています(私の)が、これは、私のブログなので悪しからずご容赦願います。このブログはあくまでも、私の日々の暮らしを発信しているものなので、目線は基本、生活レベルです。

    本題にもどして。。。。書こうと思ったけど、すごく長くなってしまったので、ブログの方に書くことにします。

    返信削除