2013年7月28日日曜日

昨日、みどりの党の他の立会人とどうだった??的な話をした際、
みどりの風の略称が未然に防げなかった理由として、
石井みどり候補よりも、先にみどりの風が登録を済ませてていた事を知りました。

「そうなんだー、先に済ますと変えられないんだね。。」という事でした。

でも、なんだかこれってどうなの??
候補者が出そろったところで、再度見直しさえても
よさそうなもんだと思うんですけど、どうなんですかね。
それも、また、何か理由があって出来ないんですかね。

一度、登録したらそれまでだとしたら、
可能性として、按分で票を獲得する目的ではなくても、
その逆の票を分散する目的には使えますよね。
この辺りはどうなんですかね。
私のような素人が考えるんだから、もちろん考えられているとは思いますが、
とっても疑問です。

秘密投票については、大きな危険があるんですね。
そのうえで思うことは、思想に対する差別があるうちは、
本当の自由、平等、和合は難しいんじゃないかなーってという事です。
秘密投票によって、強制や迫害などが避けられる一方で、
思想に対する抑制も同時掛けられているように思います。
クローズにされているという事です。

思想に関しては、基本的なラインで考えれば、
その先に繋がる物は平和なんだと思うんです。
どんな思想にも、その立場から生まれる平和への道筋である可能性は
極めて高いはずです。

ナチスドイツにしても、始めは、フランスの思想統制に対して、自国の文化を守ろうとしたところから始まっていて、その中身については、産業革命によって、破壊されつつあった、家族の営みであったとの事実が一つありますね。
(歴史については、どれが事実か?一言で通じ合える時代ではないのが、悲しい現実ですけど)


ちょっと、話がそれますが、今回の選挙で思ったことの一つに、「公明党ってすごいよね」ってことがあります。

選挙前になると、公明党の人って、一生懸命選挙活動するじゃないですか。
以前はうっとうしい。。と思っていたけど、今は、すごいなーって思います。
自分が信じている人を応援するために、周りの目を気にせず、
宣伝しているんですからね。
私も見習わなくちゃって思って、今年は無理だったけど、
今度は、プラカードをしょって犬の散歩をしようと思いました。

独裁国家。。今って独裁世界になりつつあるというか。。なっているかも。
森の原住民に対しても、勝手に住居を取り上げているんですからね、いまだに。

独裁の仕方が、第二次世界大戦以前とは違っているだけのように感じでいます。
自由に選ばせているようにして、知性で判断させているようにして、
実は、そのように仕向ける要素の池に入れられている。

かなり頑張っていると思える程度の仕事量をこなし、
そのご褒美に適当に買い物ができて、テーマパークにも行ける。
でも、ある一定のサイクルからは出れない。それが経済活動の池です。
誤解しないでほしいんですけど、私は、これを否定しているんじゃないんです。
私が単に出来ないだけ。

昨日、イオンで買い物をしながら考えた。
「思わなければ幸せ、思う事による不幸だなー」って。

要は、この社会の仕組みが好きじゃないと思った時から始まっている。
いろんな疑問が生まれてくる。
経済活動の池があることは、そうだな。。
中学くらいから肌身にしみて来たように思う。

養豚場があって、最少のスペースで育てるほうが、経済効果はありますよね。
でも倫理的に許されないラインってあって、それが「ストレス」ってやつですよね。

人間も同じだなーって、イオンモールのサーティワンの前の
ベンチに座っているときに思った。目の前にイオン銀行がありました。

養豚場の経営者は悪人なのか??そうじゃない。普通の人。
経済活動しているだけ。その中で、出来るだけ、豚を可愛がっている人達の方がきっと多いと思う。

これって、みんな自分の問題なんだ。意識の問題。
こういう事考え出すと、行きつく先は、「私ってわがままだなー。」
でも、そうじゃないんじゃないか??って思う自分もいます。

政治と本当に向き合ったら、いろんな意味で生きていけない。
政治家が政治を真面目にやらないところを見れば、
おのずとその脅威は分かる。

でも、好きじゃないこの世界で一生を全うしようとおもったら、
知らないで生きるか、何とか変えたいと思うかになる。
その時に自分の無力さを知る。力がないんですよね。
世界を変える力なんてないんです。

でも、日常でうんざりすることが度々ある。どうする???

自分らしく生きるしかないんですよね。


平和ボケって言ったら、「カンタティモール」って映画を思い出す。
理想を掲げて、大変なめにあった若者たち。怖いですよ、実際。
現実ですから。世界ではとんでもないことが起きているって知ってます。
幸い自分は経験してない。

平和ボケしているんじゃなくて、理想を言わなきゃダメな時ってあると思う。

それをトンデモ話だと思われるってわかっていても理想をとりあえず、
一回は言っておこう!って、楽な感じで言うって必要(^^)

むしろ、とんでも話にしとかないと言えないのが現状ですよね。
このブログだって、誰が見ているのか分からないんだから。
マジ話すると、傷つく事度々です。

「ゴッド・イン・ニューヨーク」って映画見たことありますか?

ネガティブな要素を基軸に展開される世の中は、どこまで行っても同じ。
恐怖心を利用しているんです。
そうじゃなくて、愛を活用しないと変わらない。
どんなに勉強して知識を増やしても、愛を活用できないと変わらない。
そこに気づかないと変わらない。

一番いい事をてっぺんに挙げるトップダウン方式。
一つ一つの現実を積み上げていくボトムアップ方式。
その両方が必要。迷子にならないために。
三宅洋平は、その両方にフラグを立てたんだと思います。

政治家ではない私が政治を考える。
なぜなら、政治は日常だから。

そして、私がすることは、草むしりであったり、立会人であったり、
子供の運動会の準備であったり、反原発運動であったり、
同じ世界を夢見る仲間とのパーティーだったり、
町議会の傍聴であったりする。

普通に毎日を生きるだけ。
そこに国つくりがあると思って、毎日を生きる人が増えれば、
きっと、自分の思想を語る事は、もっと楽しい事になるはずだと、
そんな未来は、いつも生き生きとみんなが輝いているんじゃないかと思う。

こんな事を書いている私は、ただいま、経済活動をほぼしていなくて、
売れるかどうかも分からない生姜と米を作っています。
不安感に押しつぶされそうになる時もあるけど、
今は、自分を信じてやるしかない。走り出しているから。

この先にどんな未来があるのかは分からない。
でも、どんな時でも、笑いあえる仲間がいて、時には、怒ったり、泣いたりしても、
それでも、その後でそれ自体を笑いたい。

私は、アホが笑っていられる世の中にしたい。
だって、あたしがアホだから。

アホでも笑ってられる社会がいいよ~~~~~。







2013年7月22日月曜日

みどりの党から中土佐町の開票立会人を務めてきました

昨夜、高知県高岡郡中土佐町の開票立会人を緑の党から務めてきました。

7時45分集合、8時開票、12時10分終了。

開票立会人は全部で4名でした。
(自民党、公明党、共産党、みどりの党)
開票立会人は各党から1名出せるのですが、少ないですよね。
開票に対しての意識が非常に低いことを実感しました。

始めに、役場の職員が開票、政党名、個人名別に票を仕分けします。
それらは、すべて、開票立会人が確認して、ハンを押して、始めて認められます。

しかし、開票立会人の意識が非常に低く、そもそも、その役割を果たしているのか??大変疑問です。
役場の課長が、開票時刻前に、私たちに行った説明はこうでした。

「票が束になって回ってきますので、それを、パラパラとでもいいですから、見てもらって、その後、判を押してください」

「はっ?」って感じですよね。

要は「見ても見なくてもいいですから、ハンだけ押してください。」と言っている訳です。

そして、現実的に、自民党、公明党の開票立会人は、ほとんどいい加減でしたね。
ちゃんと見てません。くじ引きで、公明党、自民党、みどりの党、共産党の順番でチェックしたので、実態は明らかです。
現に私は、誤票(A候補者の票の中にB候補者の票が混ざっていた)を一票、
公平性に欠けると思われる判断がされていると疑問に思う票を5表、明らかに疑問に思う票を9票確認しました。

公平性に欠けると思った票の一例は、「えとうせいいち」候補に入った一票です。
「えんどうせいいち」と書かれた票が、「えとうせいいち」の票となっていましたので、
「えんどうのぶひこ」候補と、どちらか判断できないのではないかと異議を申したところ。「せいいちと書いてあるので、間違えるとしたら、えとうせいいちをえんどうせいいちと間違えるはずだ。なので、これは、えとうせいいちの票です」との説明。
こんな道理が通りますか?
まったく、理屈としては、未熟ですよね。
他にも「山本ひろし」の票になってしまった、「山本なになに」も2.3票あったと思います。これについても「山本」もいるし、「なになに」もいるのに、なぜが、この場合は、姓のほうに、妥当性があるという判断で、「山本ひろし」の票になっています。
「えとうせいいち」の場合は、名に妥当性があると判断されるなんて、その根拠は??まったく矛盾しています。

これに関連することですが、按分票というのがあります。
たとえば、「山田」とだけ明記された票にかんして、山田候補が4名いた場合は按分票になり、折半となるのです。数十票が按分対象になっていましたが、山本ひろしと
えとうせいいちに流れた票にも、按分が妥当だと思う票が数表ありました。
この違いは、主観以外の何物でもないと思われます。

また、無効票の中に、
「羽生田なになに」と明記された票がありました。
羽生田候補は一名だけです。
にも拘らず、このケースでは、無効票になっています。

私が、もっともおかしいと思ったケースは、「みどりの風」の略称「みどり」と書かれた票9票がすべて、按分になったことです。
按分の対象者は自民党の「石井みどり」候補。
みどりだけではどちらか分かりかねる。。との見解。
みどりの風は略称「みどり」と公認されているにも拘らず、「みどり」では、「石井みどり」「みどりの風」か分からないとのことで、これについては、開票人、仕分け人の判断ではなく、高知県からの指導内容に書かれているとのことでした。まったく、可笑しなことだと思いましたので、この件に関しては、直接「みどりの風」の谷岡くにこさんのh`pからメールでお知らせしました。
これが、全国的に行われていたとしたら、「みどり」の相当な票が、按分になっているはずです。

以上、私の開票立会人報告でした。
選挙の開票については、不正が行われる余地はありとの印象でした。

開票途中に関しては、不正が行われる可能性は極めて低いでしょう。
しかし、仕分けされた票をカウントする時点では、十二分に起こりえます。
人の手で、分別され、人の手で、票に記入しますから、この時点でも不正を行う余地はあります。(可能性としてあるという事です)そして、最終段階で、pcに打ち込みますが、この時点でも不正を行う可能性は否定できません。
ようは、開票、仕分けする立場の人の前では、一票はあまりに無防備だということなんです。

私たちが、投票する時には、厳重に掛けられた鍵も、開票時点では、当然のことですが、何人もの手に渡るのです。

そこで、私は、次の提案をします。
選挙区、比例区と二つの投票箱になっていますが、
選挙区、比例区をさらに小分けにして、各政党別で投票箱を設置する事を提案したいです。
そうすれば、開票時には、票を束ねる人と機械に欠ける人、監視人を各一名つけるとしても、一政党につき比例で4名、選挙区で4名の計8名で済みます。開票時間も短縮できますし、不正が行われる可能性もグッと減ります。数え間違いもないでしょう。

その場合のデメリットがあるとすれば、
投票時に誰がどの党に入れたかがわかる。これを嫌がる声があるかもしれませんが、そもそも、人に知られたらまずいと思う意識で投票するな!と。
誰がダどこに入れたか、それを隠すためだけ(そのほかに理由があるかしら。。)に、現行を維持するのなら、それはあまりにも愚かで、未熟な国民性だと思います。
あと、考えられるとしたら、間違って、別の党の投票箱に居れたら、それで最後ですけど、そんな事を言ったら、今でも、要は、不正確な明記で無効票になっている物もあるので、そんなことを考慮したら切りがない。間違えて入れる意識の低さを見直すべきだ。

実際に、「公明党」を「高明等」って書いていたり、候補者名が微妙に間違っている票が多い事。びっくり!書く前に確認したら?って思う。目の前に丁寧に一覧があるじゃないか。。

開票時、機会に欠ける前に束を無くす事が出来れば、不正は行えますが、実際難しいと思います。

長々と書き込みましたが、選挙があまりにも未成熟だと強く感じる経験でした。

最後に報告。
中土佐町有権者数約7000人(細かい数字は調べてください)投票率53.196パーセントでした。

こんな過疎地で、みどりの党の票が39票。内、三宅洋平明記の票が30票もありました。都会に住んでいる人には、この30票は、少な過ぎるかもしれませんが、中土佐町というところは、光も通っていないエリアなんですよ。そこで、三宅洋平を支持した人が30人もいるのですから、彼が発したムーブは日本全国津々浦々まで、行き渡っているといえます。
私は、この30人が誰なのか知りたいです。小さな町なので、知ることは出来ると思います。この仲間と何かしていきたい。

私たちの未来はこれからだ。今始まったばかり。

そうそう、この前笹場の浜にウミガメが産卵しに来たんだよ。
すごかった。
選挙で、ブログにアップできなかったけど。。。

田んぼのいのしい対策も、友達としてきた。(金網をして、入れないようにするんだけど、その網が機能しているかを確認して、補正した)じきに草刈しないと。

私の田んぼは、カエルがいっぱい、トンボもいっぱいで、何より、稲がのびのび、生き生きしています。ほかの田んぼは窮屈そう。私が稲だったら、私の田んぼの稲になりたいなー。。と思う。エネルギーが強い。


時間がない中、書き込んでいるので、誤字脱字がたくさんあるかも。。お許しあれ。



2013年7月18日木曜日

選挙

今回の選挙に無関心でいる人って、自民党を支持しているひとなんだろうな。
TPPも賛成だし、原発も賛成だし、戦争も有りだし、国なんてなくてもいいし、核廃棄物も持ち込まれてもいいし。

もし、違うと思っているとしたら、あまりにも無知でしょ。

私だって、決して頭良くないけど、でもこれくらいは大人の責任として知ってるよ。
子供育てているからね。

TPPなんて参加したら、間違いなく、日本は主権国家ではなくなる。全てにおいて。
第二次世界大戦のあと、アメリカは、日本を解放したのではなく、
解放したように見てておいて、心理的侵略モデル実験に入ったんだよ。
心理学、脳科学、免疫学、遺伝子学の進歩はめまぐるしいよ。
人間をロボット化なんて簡単にできるんだよ。

ベクトルって映画あるよね。あれ、現実。
20世紀少年、あれも現実。

選挙に行かないと思っている人は、せめて、自分の一生をもう一度振り返る機会くらいにはしてほしいと思います。

自民とは、間違いなく勝つと確信しているね。
政治の世界は民主主義じゃないからね。

阿部の街頭演説中に聞こえる大きな声は、TPP反対と阿部が売国奴であることを訴えている声。その人たちの行いがいいか悪いかは、個人が判断すればいい。
でも、阿部が言った言葉は許せないね。

「あんな恥ずかしいことをしている人たち・・・・・」

おい!国家のトップの言葉か!
少なくとも、彼らは、一国民なんだよ。
それがどんな行動や、発現でも、国家のトップ首相なら、その言葉に謙虚であるべだろう。
ありえないよ。

阿部がもし、私の目の前にしたら、無言で泥を投げつけてやりたい。
恥ずかしいのはどっちだ!
この激動の時代に、笑顔で演説している政治家、そいつらは、みんな嘘つきだ。
その根拠?そんなもの、人間だったら分かるだろ。

政治から目が離せないこの時期。
私は、いつもこんなことを思いながら、
今私が未来のために出来ることは、生姜の草刈。
今日も生姜の草を刈ります。
それしかできないんだよ。
でも、今はそれでいいと思っている。
自分の土地は自分で守る。

2013年7月17日水曜日




彼女が銀座で行っている街頭演説の風景。

日本人って????

銀座で買い物して、まったく、国つくりに参加しない。。。けれども、
おしゃれして、三越でお買い物???
なんで???
経済活動しているから。

国つくりに尽力している人。
経済活動している暇がない。
だから、銀座の三越で買い物なんかできないよ。
なんで?????

これがみんなの幸せか????


TPPについては知らない事ばかりなんです。

脈々と続いている侵略の歴史。
これは第二次世界大戦で終わっているのではないのです。
国家を企業が乗っ取る、それをグローバル、国境なき世界と言っているんです。

でも、しっかりしなければいけません。
第三次世界大戦を目論んでいる人たちがいますから。
その人たちは、どっちに転んでも儲かるように巧みな仕掛け張り巡らせているので、
私たちは、「どう戦うのか」ということをよく考えなければならないと思います。

今、何を信じるかで、この先の未来が大きく変わるのですから。。。

2013年7月9日火曜日


(山本太郎 & 三宅洋平 吉祥寺街頭演説↑)

ちょっと‐、野外でただでクロマニョン聞けるなんて♪
いいなー。


でも、私は、この笹場で草むしりの励むわ。
頑張れ山本太郎、三宅洋平!!
同じ気持ちだよ。

 
三宅洋平も躍進しまくっているけど、
家の稲も躍進してるよ。急成長!
他の田んぼよりも一か月も遅れての植え付けだったにも関わらず、
追い上げまくってるわが子。
 
うちの子はね、自然に育てているから、
ゆっくりなんだよね。
丈夫に育てるには、ゆっくりが一番!
と、思いきや、なによなによ、高校生くらいから一気に伸び始めているじゃない。
わおーーー。
 

 
こんなに立派になっているわ。
あの小さな一粒がこんなにりっぱに、、
母ちゃん嬉しい。。
 
お米は、他の作物とは違う。
主食だからね。
最悪、これがあれば生きていけるでしょ。
生命の根源にアクセスしてくる感じがね、
他の野菜とは違うんだよね。
心のつながりが圧倒的なんだよ。
植物なのに、分かり合えるっていうか、対等な感じ。
 

 
生姜畑もこんなに元気。
雑草がガンガン生えているけど、
生姜のほうが優っている。
来週あたり、また草刈だ。
 
雑草を全部殺してまで、欲張らなくても、
二、三回、加勢してあげるだけで、
育った分だけの恵みで満足できる、
そんな暮らしで生きていける世の中になったら、
きっと現代病、生活習慣病、がん、
いろんな病気が少なくなるんじゃないかなー。
 
このくらいの農業だったら、きっとみんなもできるよ。
 
三宅洋平は新しい政治家のモデルになろうとしている。
わたしは、あらたな農婦のモデルになろうとしている。
見るもの見せれるようになるまでには、まだまだだ。
 
神様に見放されないように頑張らないと。
 
でも、ありがとう、稲、生姜、伸びてる君。
 

2013年7月2日火曜日

稲、生姜順調に育つ

稲の育ちが凄い(^^)
ぐぐぐーーーと育っているよ。
すごく丈夫で、しっかりしてる。
本当に偉い子たちだよ。

生姜も今のところ順調。
根の物だからまだまだ先が分からないけどね。




 
棒のようにそびえ立っているのが生姜。


 

 


田んぼの画像がなくてすみません。


つぎつぎに自然の恵みが得られる此処。
今は、バジルが沢山育っているので、バジルソースを作ります。

 
 
枇杷の種もあるので、それを煮豆にしたり、
そうそう、イチジクも育っています。

レーズン酵母で作ったパン。

 
 
これは、絶品!理想のパンになった。
粘りもあり、甘味もあり、カリッと焼けて美味しい。

(レーズン酵母の作り方)
オーガニックレーズン 2分の一カップ
水             4分の三カップ

*材料を消毒した瓶に入れ三日寝かせる。
ぷつぷつと泡が立ってきたら出来上がり。

(パンの作り方)
強力粉 300g
塩   小さじ1
みりん 大さじ1
レーズン酵母 一瓶

・全部を混ぜて、生地が滑らかになったら、1.5倍から2倍になるまで6時間程度寝かせます。(*気温が高ければ早いし、低ければ遅いので、1,5倍〰2倍程度の発酵するまで待ちましょう。)

・発酵したら、パンの形を形成してから2時間程度寝かせます。

・200度で20分から30分焼きます。
(オーブンによって違うので気を付けてください)
私は、オーブンのメニューの「フランスパン」で焼いています。

今年はトマトも良く実っていてうれしい。
少しずつだけど進化してるな、田舎生活。


 
「わんわん」