2013年6月7日金曜日

枇杷ジャムを作っています。

今日は朝から枇杷ジャム作り。

庭にたわわとなっている枇杷をジャムにします。
枇杷ジャムってあまり聞かないですよね。
私も初めは「美味しいのー?」
って感じだったんですけど、これが旨い!
マンゴーのような濃厚な味がするんですよ。
なので、沢山作ると、その活用方法は結構あります。

・枇杷ジャムパイ

・カレーに入れるチヤツネ。

・ヨーグルトに

・枇杷ラッシー

まっ、あとは普通にジャムとしてね。。

枇杷は、種も葉っぱもとっても貴重なんだよね。
都会では、貴重な枇杷も、ここでは、こじゃんとなっているんだよ。
でも、それを活用するのは一手間も二手間もかかるからね。
その多くが、お山のお猿さんの餌になっているんじゃないかな。。

それで、私は、この自然の恵みを素敵にしたい。
自然の恵みを生かせる人間になりたいんだ。
それで、それによって、幸せになれる人がいて、
食べる事から沢山のイマジネーションに通じたら、すごく素敵だと思う。

その食べ物から、その物から、それが生まれた背景までが感じ取れる商品を作りたい。
言葉いらず。そんな商品づくりに関わってくれないか。

沢山はできないよ。
こじゃんとお金は入らない、でも、その作業と喜びを共有できる人々との時間が、
一番ほしいものなんだよね。
その時間があれば、きっとうまく行くと思う。

 
ぐつぐつ煮ています。
 
 
放送大学の講義を受講しながら、こんなところで作業。
皮をむいて、種と実を分けます。
細かい作業、コツコツと。。
 
今日は天気も良くて、鶯のさえずりも心地よい。
とっても豊な気持ちのなるよ。
 
・・・でも、丸一日やるとシンドイ。。夕方4時には、もう限界、これ以上はできません。
結局今日は種も皮も取った状態の琵琶7キロをジャムに。。
ふー、頑張った。
 
 
 
 
 
 
 
 




0 件のコメント:

コメントを投稿