2013年6月28日金曜日

日本人と米国人

「乳幼児心理学」の中に面白いことが書いてあったので紹介。

日本人の親と米国人の親が乳幼児に語り掛ける言葉と目的について書かれた内容。

日本語には「オノマトペ」という、幼児語がある。
これに類似するものは英語にはない。
オノマトペとは、わんわん、ニャーニャー、ねんね。。etc

日本人の養育者が乳幼児がより分かりやすいように「オノマトペ」を使って語り掛けるのに対して、米国の養育者は名詞ラベルを多く使用して語り掛けるという統計が出ているそうです。
要約するところ、言語を活用した日本的幼児コミュニケーションにおいて、養育者は未熟な子供の発話に親自身の発話を合わせようとし、、社会的情緒コミュニケ‐ションを重視するのに対して、
米国的幼児コミュニケーションスタイルは、親が子供の注意を引き、子供に言葉を教える事を重視している。。という分析がなされている。

オノマトペは乳幼児心理学的には「幼児語」とカテゴライズされているけれど、オノマトペについては、「。。。感じ」を伝えるのに大変優れた言葉といえる。
この「。。。感じ」を伝える「幼児語」は英語にはなく、普通名詞や動作語は英語のほうが多い。

また、言語には、音声だけで意味を弁別する「音韻」がある。
音韻は世界に約800個あるといわれていて、そのうち各言語で使われるのは数十個。
日本語では20程度に対して、英語では30程度の音韻が存在するらしい。
これについても、「なるほど、、、分かる、わかる。。」って思うよね。
英語のほうが、日本語よりも音的な表情が豊かだもんね。

言語の始まりとも言える音韻。
これは、赤ちゃんの泣き声にも通じるらしく、英語圏とドイツ語圏の赤ちゃんの泣き声を収録した結果、母国語のパターンが似ているんだって。

私的には、日常、猫や犬と話すときに、この音韻を捜査して話している事に気づかされた。
「ワンワン」「ニャー」だけの言葉をイントネーションを変えることから、
異なる気持ちとつなげて、表情を付けていく表現方法。
結構通じるんだよ(^^)

そうそう、まだ、子供が小さい時。
「怒っているんだぞ!」
という気持ちを伝えるにあたって、

(言葉をりようすると、なんだか険しくなっていやだから、吠えよーー)

と思ったことがあって、

「ウーーワンワン!ワン!ワン!」

とか言って、いい感じで怒りを表現したりしてたっけ(^^)
(今でもたまにするけど。。。)

人間って、めんどくさいって思う時あるんだけど、
その原因が「言葉」だったりする事って多いんだよね。
言葉がありすぎて、感情が複雑なんだよ。
犬とか猫って、

(すき~~にゃーーん)
(おなかすいたワン!)

(だいじょうぶーー、ラブラヴ)

。。みたいな。。シンプルな感情のやり取りで満たされるじゃない?
でも、人間って、

「なんで?」

的な、もっと踏み込んで理解しないと、感情も受け入れられない。。みたいなとこがあって、
たまに、(そんなのどうでもいいじゃん、かなしいからかなしいんだよ。つらいからつらいんだよ。いやだから嫌なの。。)だけでいいじゃないか。。。って思うんだよね。
仮に上手く説明する=気持ちを共有する。。とは限らないからね。

人間って、どんな生き物なのかなー。
心理学とか脳科学の分野が進んだ先にある世界はどんな世界なんだろう。
「ブレードランナー」って映画。
軍事用、慰安婦用レプリカントが存在する世界。
超高性能なロボットのデメリットは、4年経つと感情が生まれるという事。
だから、4年で自動的に静止するように出来ている。

たまに、人間もこれと同じなんじゃないのか?
って思うことがある。
科学の進歩によって、自信を知ることになる。
その結果、人間は超人間によって作られた模倣物だった。
その昔、人類は絶滅の危機に瀕した。
最後に生き残った者たちが、何とか残したかったもの、そのれが遺伝子。
誰にも犯されないように、緻密にプログラミングされた遺伝子は、自ら生産能力を持つ物資となり、それを霊長類の遺伝子システムに投与して、ハイブリットを作り出す。
それが人類最古(二足歩行が確認されている者)と言われるラミドゥス猿人(約440年前)・・・とか、こんな話が出来そう。

チンパンジーと現生人類の分岐は約660万年前だと試算されていて、サヘラントロプス・チャデンシスという、二足歩行の可能性がある頭骨化石(アフリカ、チャドで発見)は600万年〰700万年前にさかのぼると言われているんだって。
もしかして、この間に宇宙から飛来してきた人類の祖先が、地球に自分達の遺伝子を残した可能性があるかもね。
だから、人間は大空に思いを馳せるのか?
それとも、海から生まれ、陸に上がったみたいに、次は宇宙へ進出したいと思う、冒険心なのか?

ハイブリットならば、どっちの遺伝子も持っているって事だよね。

0 件のコメント:

コメントを投稿