2013年6月30日日曜日

三宅洋平の5分間コマーシャル

三宅洋平の政治的思想が要約されています。↓



やり方を変えないと日本は変わらない。

・少しでも良くしたいと思う気持ちを確実に拾っていくこと。

・小さな事、者を大切にすること。

・本当の民主主義って何かを真面目に考えること。

・自由の概念を獲得すること。






2013年6月29日土曜日

腰が痛いです

草刈天国続きで腰が。。。。。

一昨日のことですが、

「今日は朝から畑で種まきして、気になるところだけ草刈ろう!」

と、はじめは順調に進んでいたのですが、
やればやるほど気になるところが増えていく性分の私。
生姜畑の溝が気になり、鍬でせっせこと慣らしてしたのですが、
その時、「ん?」
いつもと違う痛みが。。。

(これはまずそうな痛みだわ・・・)

そんなことで、ぎっくり腰になっては大変なので、
早々に作業はやめました。

が!夜も寝返りを打つのも苦しい状況が。。(--;)
娘たちも心配してくれて、あれやこれやと手伝ってくれました。
末娘が、
「明日大丈夫?」
と、やさしい言葉。
いつも比較的やんちゃな子なのですが、
こういう時は、素直に心配してくれるのよ。

で、翌朝。
起き上がるときが痛いのよね。。
でもまー、お弁当を作って、息子を送っていき(その日は雨)
次に娘二人を送っていき。。。
家に帰ってきて、しばらく座って本を読んでいたものの、
座っていてもイケない感じになってきて、
(今日は寝ているしかない・・・)
と判断。
午前10時〰夕方4時まで寝ていました。
お蔭で随分良くなってきたけど、まだ痛く、昨夜も寝返りが辛いかったわ。。

草刈天国だなんて言ってたけど、天国も怪しいものよね。
天国も続けば地獄になるかもしれない、それが人生か。。
。。。いや、そんな難しい事ではなくて、ただの遣り過ぎよ(--;)

一通り、草刈も終わったところだったし、これで、しばらくは、彫金と勉強に励めって事で、GOODな出来事にしちゃお(^^)

今日は、集会所ツアー。
人来るかしら。。。

そうそう、山本太郎と三宅洋平が出てるユースト↓
日米原子力協定について解説してるよ。↓

http://www.ustream.tv/channel/antamedia-live



2013年6月28日金曜日

日本人と米国人

「乳幼児心理学」の中に面白いことが書いてあったので紹介。

日本人の親と米国人の親が乳幼児に語り掛ける言葉と目的について書かれた内容。

日本語には「オノマトペ」という、幼児語がある。
これに類似するものは英語にはない。
オノマトペとは、わんわん、ニャーニャー、ねんね。。etc

日本人の養育者が乳幼児がより分かりやすいように「オノマトペ」を使って語り掛けるのに対して、米国の養育者は名詞ラベルを多く使用して語り掛けるという統計が出ているそうです。
要約するところ、言語を活用した日本的幼児コミュニケーションにおいて、養育者は未熟な子供の発話に親自身の発話を合わせようとし、、社会的情緒コミュニケ‐ションを重視するのに対して、
米国的幼児コミュニケーションスタイルは、親が子供の注意を引き、子供に言葉を教える事を重視している。。という分析がなされている。

オノマトペは乳幼児心理学的には「幼児語」とカテゴライズされているけれど、オノマトペについては、「。。。感じ」を伝えるのに大変優れた言葉といえる。
この「。。。感じ」を伝える「幼児語」は英語にはなく、普通名詞や動作語は英語のほうが多い。

また、言語には、音声だけで意味を弁別する「音韻」がある。
音韻は世界に約800個あるといわれていて、そのうち各言語で使われるのは数十個。
日本語では20程度に対して、英語では30程度の音韻が存在するらしい。
これについても、「なるほど、、、分かる、わかる。。」って思うよね。
英語のほうが、日本語よりも音的な表情が豊かだもんね。

言語の始まりとも言える音韻。
これは、赤ちゃんの泣き声にも通じるらしく、英語圏とドイツ語圏の赤ちゃんの泣き声を収録した結果、母国語のパターンが似ているんだって。

私的には、日常、猫や犬と話すときに、この音韻を捜査して話している事に気づかされた。
「ワンワン」「ニャー」だけの言葉をイントネーションを変えることから、
異なる気持ちとつなげて、表情を付けていく表現方法。
結構通じるんだよ(^^)

そうそう、まだ、子供が小さい時。
「怒っているんだぞ!」
という気持ちを伝えるにあたって、

(言葉をりようすると、なんだか険しくなっていやだから、吠えよーー)

と思ったことがあって、

「ウーーワンワン!ワン!ワン!」

とか言って、いい感じで怒りを表現したりしてたっけ(^^)
(今でもたまにするけど。。。)

人間って、めんどくさいって思う時あるんだけど、
その原因が「言葉」だったりする事って多いんだよね。
言葉がありすぎて、感情が複雑なんだよ。
犬とか猫って、

(すき~~にゃーーん)
(おなかすいたワン!)

(だいじょうぶーー、ラブラヴ)

。。みたいな。。シンプルな感情のやり取りで満たされるじゃない?
でも、人間って、

「なんで?」

的な、もっと踏み込んで理解しないと、感情も受け入れられない。。みたいなとこがあって、
たまに、(そんなのどうでもいいじゃん、かなしいからかなしいんだよ。つらいからつらいんだよ。いやだから嫌なの。。)だけでいいじゃないか。。。って思うんだよね。
仮に上手く説明する=気持ちを共有する。。とは限らないからね。

人間って、どんな生き物なのかなー。
心理学とか脳科学の分野が進んだ先にある世界はどんな世界なんだろう。
「ブレードランナー」って映画。
軍事用、慰安婦用レプリカントが存在する世界。
超高性能なロボットのデメリットは、4年経つと感情が生まれるという事。
だから、4年で自動的に静止するように出来ている。

たまに、人間もこれと同じなんじゃないのか?
って思うことがある。
科学の進歩によって、自信を知ることになる。
その結果、人間は超人間によって作られた模倣物だった。
その昔、人類は絶滅の危機に瀕した。
最後に生き残った者たちが、何とか残したかったもの、そのれが遺伝子。
誰にも犯されないように、緻密にプログラミングされた遺伝子は、自ら生産能力を持つ物資となり、それを霊長類の遺伝子システムに投与して、ハイブリットを作り出す。
それが人類最古(二足歩行が確認されている者)と言われるラミドゥス猿人(約440年前)・・・とか、こんな話が出来そう。

チンパンジーと現生人類の分岐は約660万年前だと試算されていて、サヘラントロプス・チャデンシスという、二足歩行の可能性がある頭骨化石(アフリカ、チャドで発見)は600万年〰700万年前にさかのぼると言われているんだって。
もしかして、この間に宇宙から飛来してきた人類の祖先が、地球に自分達の遺伝子を残した可能性があるかもね。
だから、人間は大空に思いを馳せるのか?
それとも、海から生まれ、陸に上がったみたいに、次は宇宙へ進出したいと思う、冒険心なのか?

ハイブリットならば、どっちの遺伝子も持っているって事だよね。

2013年6月27日木曜日

草刈天国

昨日は一日雨。

一昨日、田んぼの畦の草刈と、水苗代で使っていた田んぼの周辺を草刈。
今は使っていないけど、周りの人に迷惑をかけないように、
草刈はちゃんとしないとね。
使いっぱなしはよくない。

田んぼの稲は。。すごーーーい、成長ぶり!

「やるねーー、嬉しいよ、母。。。よく頑張ってるね^^」

。。泣けてくるぜ。。

草刈天国。。。



午後は、26日から中土佐の図書室で行う、
「福島の子供の手紙展」
の諸々を四万十町に引き取りに行き、
そのまま、図書室に搬入。

7月に四万十町で福島から子供20人ほどを受け入れるNPOの代表の方と連携して「集会所ツアー」を「福島の子供の手紙展」とジョイントしています。
福島の子供の手紙展も同NPO主催。
集会所ツアー、かなり好評!
保養キャンプの募金箱も福祉課に設置してもらえた。

沢山の人が少しづつ関わることで、無理なく、楽しく事が進んでいくね。



昨日は、草刈天国から脱した。
雨も降っていたので、気分的にも農業はお休み気分。
放送大学の勉強を一日しまくり。。
今は「乳幼児心理学」を勉強してます。
赤ちゃんの見ている世界とか、
言葉を獲得する仕組みとか、立体空間の認識とか、、、
うーーん、人間って、生得的にかなりの情報を獲得しているのね。
恐るべしDNA。。。


今日は、朝から、オクラの種まきと小豆の種まき。

そして、やっぱり草刈天国。。

生姜も今のところ問題なく育っています。
既に生姜の畝の上の草刈は二回行っています。

まじ、草刈天国。。。腕。。鍛えられるわ。。
腹筋も。。うん!たるみはないわね。。
農作業は体にいいのよね!

でも、、腰がちょっとやばい感じに。。。
これは、無理したらまずいことになりそうな予感。。。

なので、今日はやめた。


この後は、彫金します。

そうそう、今度友達宅で「紬市」が開催されます.


 
 
私も「mirainome」で出店します。
売るものは、
びわジャムと、バジルソースと、シルバーペンダントなどなど。。







 
 
 
 
 
 
糸鋸で切り出して、平板に合わせロウ付けしてから燻しています。
この他にも、「風」「雨」「水」「草」「星」「母」などなどを作る予定。
 
自分に合う組み合わせで、いつも感謝の気持ちと一緒にいれるといいよね。
感謝しながら生きれるって、幸せだと思うから。。
 
 


 
 
 
 

 
 
 

















 


2013年6月23日日曜日

めちゃ静かな朝

今朝は静かだなー。

曇り空。。。。

昨夜、コチとリンゴが急接近。

末娘と月を見ていたら、
コチが現れて。。。

リンゴが来て以来、コチが土間から外に出る回数が激減していたので、
土間から外にコチが出てくるなんて、すごい!ずいぶん新しい環境に慣れてきたのね。。。って、愛でた時間も束の間。

不図気づけばリンゴがコチの真正面1mほどのところ居るではないか。

コチと末娘と私で和んでいたので、参加してきたのねリンゴ。。。

次の瞬間、緊張が走り、なんだか訳が分からないくらいの数秒の間に、
瞬間移動でもしたのか??くらいの速さで、コチが目の前から消えたのだった。。(^^;)

これは、すごい緊張感でした。

家に逃げたコチ。。。その後、土間にいるリンゴと3m位の距離で見つめ合う二匹。

これはコチ怖かったと思う。
触ると体がめっちゃ固まってた。

ふーー、接近しつつある二匹だけど、なかなか難しいみたい。
お互い興味があるんだよ。近寄ってもいいかなーー的な感じはしている。
でも、ある一定の距離まで近づくと、戦う感じになっちゃうんだよね。
緊張感が走るの。。

私、リンゴに言いました。

「リンゴー。。あなたがコチにマジで咬まれても死なないと思うけど、
あなたがコチをマジで咬んだら死んじゃうかもしれないよ。
そのくらい、リンゴは強いんだから、コチに吠えたらだめだよ。。」

。。。。。神妙な表情で聞いていたけど、分からなかったかもなーーー(^^;)

おっ、コチが起きてきた。

リンゴの事を警戒してるなーー。。

コミュニケーションの仕方が分からないんだろうね。
二匹とも愛し合える知性を持っているのにね。。
将来みんなで一つの愛(感性)で繋がれる時が来るかしら。。

いい線行ってるんだけどなー。。

2013年6月18日火曜日

草刈天国

ここに週間、草刈三昧(^^;)
アー楽しい愛しの草刈~♪

今日も田んぼの草刈。
終草刈をなぜ??

今朝、定期を忘れて出て行った息子に車で定期を届けに行った帰り、
田んぼが無性に気になった。

「そーしようかなー、このままかえろーかなーー。。」

と少し思ったけど、なんか行かなきゃいけない気がして、
寄って見たんです。
そしたらね、抜いた草で威勢のいいのが、なんだかまた根を張ろうとしてる、
そんな景色が目の前に!

「こりゃいかん!」

誕生日に友達にもらった絹のズボンを履いていたんだけど、
そんなことは気にもせず、田んぼへGO!

(これは、改めて来よう。。今日は草抜きだ。。。)


。。。ということで、また草抜きさ。。

それで、お昼も食べずに ブットーシで3時50分終了。

ちなみに、今日は6月18日、田植えをしたのが5月18日、
丁度ひと月たった日の出来事でした。

(稲ちゃん、私に訴えていたんだね、ありがとう。
今日は行かなきゃって思ったよ。稲と心が通じてる感ありまくり^^)

抜いた草も外に出した方が早く終わるんだけど、
せっかくの栄養、外に出すなんてもったいない。
丁寧に手で小さくちぎって田んぼに返しました。

その間、来客三人。

1人は、ご自身も出来るだけ無農薬で、文化的農業の認知度の非常に高い人。
1人は、地元のおじさんで慣行農法歴の長そう。
1人は、兼業で田んぼもやっている人。

今日で、本当に入田できなくなる。
これより先は、稲に任せるわ。
頑張って稲達。

田んぼをとおして、多くの人の縁に恵まれています。
生きる。。って事。
真面目に生きることにで、縁に恵まれ、豊かに暮らせる。

稲ちゃんありがとうさん。

 
6月14日の田んぼ。
この写真を見ると、僅か三日で稲はかなり生長していたことがわかる。
 
 
お利口に遊んでいるリンゴ。
本当に賢い犬で、人の言葉をとってもよく理解してる。
犬って、人間が思っている以上に賢いよ。
大好きなリンゴちゃん。

2013年6月13日木曜日

草刈と草引き

今日は、梅雨の中、久しぶりの晴天。
ずーーと干したかった布団と、
ずーーーと洗いたかったシーツを午前中に洗う。

家は二層式洗濯機なので、ちょくちょく手がかかる。
そのため、田んぼに行くことが出来ず、
丁度、生姜の畑の草刈もしたかったので、
洗濯が終わるまでは、生姜の草刈に専念。

出てる出てる、生姜の芽があちこちと。
一畝分だけ植えた黄金生姜も芽が出てきました。
じんわり、嬉しい気分。

洗濯も終わって、午後から田んぼへ。
ずいぶん進んだわ、今日で。
ようやく終わりが見えてきた。
明日一日やれば終わりそう。

写真撮ったんだけど、PCで開けない、今。。。。
なので、また明日。

明日は生姜の芽の画像も公開します。

大変だったり、楽しかったり、辛かったり、悲しかったり、
忙しかったり、嬉しかったり。。いろいろある中、
今のところ、ちゃんと進んでいる。

2013年6月12日水曜日

田んぼの草引き

マジ、きつい。。。

今日は友達が手伝いに来てくれた。

「るんちゃーーん」

私を呼ぶ声。。

振り向くと友達。

「マジッ ア・リ・ガ・ト・サーンキューーーーーー」

天使に見えるぜ!



まじ、しんどい、草引き。。。

でも、昨日よりも心は上昇。

「そうだよ、草をひかなきゃと思うから疲れるんであって、
草を引くことで、稲に栄養を与えてるんだ!って、思えば、なんだか、気分いいわ!。。。。」

なんてことを考えながら、そう思うと、草もよく見えるっていう感じで、

「草さん、ありがとう、稲を支えてあげてね。。」

なんて、感謝もしつつ、前半は結構気分よくやっていましたが、
でも、しかし、やっぱりシンドイです(--;)

今は、固形の薬をポーーーンと投げるだけで除草できるんだよ。
減農薬米っていうのはそういう事です。

わかるよ。
信念がなければ、やらないよ草引きは。。。
私は、撒かないけどね、薬は。。。

そんな辛い作業の草引きだけど、気分だけはいいんだよね。。なぜかしらって思うくらい。畑とは違うんだよ。

「来年自分が食べるお米を半年かけて作る」

米は主食よ。

このことに大きな意味と、果てしない命の物語があるんだよ。

米と共に育まれる命丸ごと体験!って感じかな。

本当に、みんなに伝えたい。

「とにかくお米作ってみて!」

もともと田んぼだったけど、今は使われていない田んぼがあったら、
1人でも、友達でも、なんでもいいからやってみて下さい。
今までに感じえなかった感動があるから。
都会でも出来るはず。

プロセスは簡単。
ブログに全部書いてあるから、参考にしてください。
ただ、根気入るよ。

日本国民みんなが、庭に田んぼがあるようなそんな国になったらいいな。

あっ!そうそう。
三宅洋平、かっこいい政治家が全国比例区で出馬決定です。

私はうれしいわ。
高知からでも投票できるから。

供託金とボランティアを募集しています。
私は、どっちも参加しました。

微力でもいいって言ってる人だからね。

季節の果実達

今は、枇杷と梅の季節。

目の前にあるもんで、どーしても活用したくなるの。
ただでさえ忙しいのに、うれしい悲鳴?いや、うれしくもない。。でもありがたい。。。
動物的本能に駆り立てられちゃうのよね。

でも、きれい。

 
画像が良くないけど、毎日目にする梅ちゃん。
シロップにして、ゼリーにするとめちゃ旨い。

 
これは枇杷酒。
一年は置かないとね。
 
今日も田んぼの草引きに行ってきます。
昨日、丸一日やって、3分の一しか終わってない(--;)
久々に呪文を呟いたわ。
 
「やれば終わるやれば終わる。。。」
 
そして、わけのわからない歌を歌ってみたり、
稲に話しかけてみたり。。。
 
種もみ撒き以来の辛さだわ。
でも頑張る!
ここで挫けたら、今までの努力が水の泡。
そうよ!やり続ければ終わりが来るんだから!
 
生姜の畑も一部、草刈しないと。。
かなり、芽が出てきたので、時期、画像をアップします。
 
今日もがんばるわ。
 
ファイト!るみこ!
(自分のエール。。。==;)

2013年6月11日火曜日

ジャム完成

ジャム完成~。
 
パッケージに苦戦したけど、
プリンターなしの現状、
チョー貧乏なのでお金かけられない。。。
いや、金で解決しないで、今できる方法で何とかしようよ。。
って事で、手作り感ありまくりのパッケージ。
 
でも、結構いい感じじゅない?
 
 
 
 


 
(材料)
 
・無肥料、無農薬、無袋のびわ(高知)
 
・グラニュー糖
 
・レモン(高知)
 
 
 
丸いラベルに表記してあります。
 
これが商品になるかしら?
 
びわジャムってあまり聞かないでしょ?
手間が半端なくかかるからね。
それに、ほら、高いし。。。
 
商品になるか?ヤフオクに出品中です。
 
 
今日は高知雨です。
 
でも、田んぼの草刈が気になるので、
雨だけど、行ってきます。
 
先日は、風邪でダウン。
一日中寝てました。
で、草刈出来ていません。
 
これから行ってきます。
 
 
 
 
 
 

2013年6月8日土曜日

生姜の芽が出てきました。

生姜の芽が出てきた。
ちらほらと。。

明日は、田んぼの草刈に行ってきます。

ここ数日首がとっても凝ってます。

久しく飲んでなかったけど、
箪笥を整理していたらホメオパシーが出てきたので、
チト飲んでみるか。。

ホメオパシーって、日本では胡散臭いと思われがちだけど、
イギリスやお隣の韓国では国営のホメオパシーの病院があって、
ホメオパスの資格取得は国家試験なんですよ。
適切に服用すれば、かなり有効なものです。

いろんな症状があるから、タイプの違うレメディーを服用するはずなんだけど、
それが、巡って同じレメディーだったりするんだよね。

慢性で医者では治らないような病に掛かっている人は、
試してみる価値あると思います。

油井寅子さんっていう人の本も沢山出ています。
本を読むと、
「なるほど、、」
と共鳴できますよ。

2013年6月7日金曜日

枇杷ジャムを作っています。

今日は朝から枇杷ジャム作り。

庭にたわわとなっている枇杷をジャムにします。
枇杷ジャムってあまり聞かないですよね。
私も初めは「美味しいのー?」
って感じだったんですけど、これが旨い!
マンゴーのような濃厚な味がするんですよ。
なので、沢山作ると、その活用方法は結構あります。

・枇杷ジャムパイ

・カレーに入れるチヤツネ。

・ヨーグルトに

・枇杷ラッシー

まっ、あとは普通にジャムとしてね。。

枇杷は、種も葉っぱもとっても貴重なんだよね。
都会では、貴重な枇杷も、ここでは、こじゃんとなっているんだよ。
でも、それを活用するのは一手間も二手間もかかるからね。
その多くが、お山のお猿さんの餌になっているんじゃないかな。。

それで、私は、この自然の恵みを素敵にしたい。
自然の恵みを生かせる人間になりたいんだ。
それで、それによって、幸せになれる人がいて、
食べる事から沢山のイマジネーションに通じたら、すごく素敵だと思う。

その食べ物から、その物から、それが生まれた背景までが感じ取れる商品を作りたい。
言葉いらず。そんな商品づくりに関わってくれないか。

沢山はできないよ。
こじゃんとお金は入らない、でも、その作業と喜びを共有できる人々との時間が、
一番ほしいものなんだよね。
その時間があれば、きっとうまく行くと思う。

 
ぐつぐつ煮ています。
 
 
放送大学の講義を受講しながら、こんなところで作業。
皮をむいて、種と実を分けます。
細かい作業、コツコツと。。
 
今日は天気も良くて、鶯のさえずりも心地よい。
とっても豊な気持ちのなるよ。
 
・・・でも、丸一日やるとシンドイ。。夕方4時には、もう限界、これ以上はできません。
結局今日は種も皮も取った状態の琵琶7キロをジャムに。。
ふー、頑張った。
 
 
 
 
 
 
 
 




2013年6月4日火曜日

生姜畑の草刈終了

今日、午前中に生姜畑の草刈が終わりました。

農作業って欲張ると、とってもシンドイ作業になってしまうので、
鳥のさえずりとかが心地よい程度で、ペースをつかんで行こうと思います。

どれくらいのペースなら、心地よい感じで、
尚且つ、一定の成果を上げる事に繋がるのか。。
今年は、常にそんなことを考えながらの試みです。

ややもすると、頑張りずぎてしまったりして、
スローライフではなくなってしまうからね。
農業していても、都会で働いていても変わらないようになってしまったら、
本末転倒だ。

。。。なので、農作業の成果はお金に換算するだけではなくて、
生活その物のリズムに還元されていたり、
または、人との繋がり(分かち合い)にも還元されていたり、
総合的に成果を見ないとイケないね。

自分の望む毎日の先にある成果を見るためには、
日々を大事にしないと!

そんなことで、今日もいい感じで働けました(^^)

明日も午前中は草刈をして、午後は彫金をします。
(…勉強が進まないや。。。)

昨日も今日も生姜畑の草刈です。

最近のペースは、午前中は農作業をして、
午後は、彫金もしくは、髪切りor勉強。。というペース。
このペースで生活できるようにしたいと思っています。

それで、今週は草刈WEEK。
まずは、生姜の畑から。。。
続いて、トマトとかズッキーニとか、諸々の畑の草刈をして、
その後、敷地内の草刈をして、
週末は田んぼの草刈をする予定です。

これからは、草刈が畑のメイン作業だな(^^;)
マイペースでやろ。

2013年6月1日土曜日

生姜の草刈をはじめました。


昨日から生姜の草刈をはじめました。


 
手前が草を刈った後の畝で、
奥がまだ刈っていない畝です。

 




 
 
 
 
上が草を刈っていない畝で、下が刈った畝。
 
生姜は、植えた後はとにかく、そっとして置いたほうが良いんですって。雑草も「抜く」という行為はしないほうが良くて、そのため、鎌で刈って、畝の上に載せていきます。
慣行で栽培している人は、青い草を載せると芽切り虫ににやられる。。というのだけれど、自然農でやっている友達はそういうことは言いません。
??農業歴のある人たちの間でも、それぞれなんです。
 
私は、自然農の友人のアドバイスに沿う事にしました。
 
草を刈っていたら、畝に
 
花のつぼみがあったので、それを刈らないでいたら、


 
こんなにきれいな花が咲きました。可愛いピンクです。
 
 
 
田んぼのほうは、今日で田植えから二週間が経ちました。
来週(三週間目)に草刈りをしようと思っています。
 
夏は、草刈で追われるそうです。
この作業がどれだけシンドイものなのか?
未経験ですが、草刈事態は結構楽しいです。
人の髪をカットするみたいな、爽快感があるのよ(^^)
 
そうそう、唐人駄場で、こんなイベントがあるんだって。
 
 
友達から回ってきたチラシ↑
 
アシラリ・レラさんはヒッピーの間では昔から有名な人みたい。