2013年5月5日日曜日

生姜植え終わりました。

種芋が入っているコンテナと運ぶバケツ。
 



                                 















クワで掘って等間隔で一個づつ植えました。
 
 

 
  
 
 これが種芋です。

昨年末に収穫したものを15度前後の環境で春まで保管しておきます。
今年は、社長に分けてもらったのですが、
今年からは自分で保管する場所を確保しないと。

すべての畝に草がひかれている状態で始めた今作業。
まず、70cmの竹の棒を用意して、70cm間隔で草をよけ、植える部分の土を出しておきます。

 
 
これがその画像です。(わかるかな?)

ここに、一個づつクワで掘って植えます。

畝幅150cm、横に5個づつ、深さ15cm前後で等間隔に植えます。
全部で8畝、長さ約12mm。

植えた後に草をもとに戻しました。

(今後の課題)

・雑草を押されるために、藁をさらに厚く敷いていく。
・一か月後の追肥のために、米ぬかと鶏糞を混ぜで置く。

(買うもの)
鶏糞7袋。
藁 二袋。

ようやく現実感が出てきましたが、
まだまだ、沢山の地道な仕事が控えています。
相変わらず、私がやっているやり方への批判はありますが、
それは助けの言葉と受け入れて、自分の軸がずれないように、
むしろ、軸を太く確かなものへと育てるようにしていくつもり。

今日は久しぶりに自然農で生姜を育てている友人に会いに、
四万十町に行ってきます。手つくり市に出店してるらしい。
黄金生姜の親芋を分けるの。

 









0 件のコメント:

コメントを投稿