2013年5月23日木曜日

トマトの雨よけを作りました

 
70cm幅で長さが8㎜と5㎜位畝。
 
近くのホームセンターで骨組みを買ってきて作ったんだけど、
全部で16,000円くらいかかったと思います。
苗代のトンネルの骨組みは竹で作ったけど、
今回は高さもあるし、早々に断念して買いました。
しかし、お金で解決すると本当に簡単にできるのね(^^実感)
 
 
中はこんな感じ。
きれいに出来ると気分がいいのよね。
 
 
 
トマトは、支柱に結ぶ形ではなくて、麻ひもで吊り下げる形をとっています。
支柱に引っ付けてはイケないみたいですよ。
 
トマトの苗は近所のトマトハウス農家さんから分けて貰いました。
それでね、昨日初めて知ったんですけど、
今って、受粉スプレーっていうのがあるんですって。
苗が花をつけるでしょ。
本来はそこへ虫とか風とかが飛んできて、
受粉させてくれるんだと思うんですけど、
その役割を、シュシュッとスプレーでしちゃうんだって。
 
(これこれ↑)
 
その原理が私には分からないのですが、
おばちゃんは、
「これを一振りすると、実が付く」
と言っていました。
ナスにも使えるんだって、きゅうりはダメらしい。
なんだか、すごいね。
私は使わないけど。
 
トマトは花が咲いてもなかなか実を付けないんだって、なんでだろう。。
 
≪折につけ思うこと≫
 
なんだかさー、お金にならないことはやってはいけないみたいな、そんな世論ってあるよね。。農業をしていると、しょっちゅうそのような干渉を受けます。
いやだなー思う。楽しくなくなっちゃうんだよね。
でも、それにも慣れないとね。。って思うから、いい意味で流すようにしてる。
 
農業以外でもそう。
娘の学校が来年にも休校か。。って状況でね。
先日、教育委員長なんかも来て会が開かれたの。
その時にもお金の話が出た。
 
確かに今の時代、難しい課題は沢山あるよね。
私も大人だし、それについてはわかるよ。
でもさー、課題は超えていくもんなんじゃないのかなって思うんだよ。
難題かもしれないけど、楽しむことで超えていこうよって、そういう気持ちが大事だろうって思うんだよね。
 
あと、もう一つ、出来ないことは出来ないと認めなよって事。
きれいごとで方を付けちゃダメなんじゃないのか。
 
まず、一番の望みを話そうよ。
こうあったらいいよね。こうしたいよね。ってね。
それで、その為に必要な課題を明らかにして、
その上でできるのか、できないのか、やめたほうが良いのか、努力するべきなのかって、ちゃんと見てサー、それで結果を出そうよ。
そうしないと、次に繫がるものが無くなっちゃうんだよね。
 
出来ないからって、きれいごとで方つけちゃダメなんだよ。
だから、今の大人はダメなんだよ。努力できないから出来ませんって、認めなきゃダメなんじゃないのかい?夢を追えない自分を受け入れてくれ。
 
子供が夢を見れない大きな原因なんだって、それがさー。
可能性の火を消さないでくれ。
 
もっと沢山の大人に気が付いてほしい。夢が今を変える始めの一歩なんだよ。
 
≪終わり≫
 
ふー。。。。。。
 
今日は午前中、少し野菜の種まいて、あとは彫金をしよ。
 
1人の夢じゃなくて、複数人の夢が交差する時、
そこに一代カルチャーが誕生する。
 
 
 
 



0 件のコメント:

コメントを投稿