2013年3月9日土曜日

水苗代が出来ました。

ようやく水苗代が出来ました(^0^)



畦塗り大変だった。。。
昔読んだ本で、「イメージ出来る事は必ずできる。人間はそういう生き物だ。」
って、読んだ事あるんだけど、イメージできないってこういうことか。。。って、
むしろ、そっちのほうを勉強した畦塗りでした。
全く、イメージできていなかったんだよね。
だから、一からやり直させられたって感じでした。

 
 
 
 
これが畦です。都会にいたら、見たことない人多いんじゃないかなー。
土を練って、塗っていく、原始的な作業です。
やっているうちにコツがつかめてきた。

村の人が心配してくれて、トホホホ。。。
みんな優しい。でも、強い。野暮な事言わずに、見て、来てくれるだけ。
私は、そういう優しさがすきです。



家の菜花にも助けられて、自然って本当に偉大。
失敗しても、うまく行かなくても、鳥が鳴いてたり、花が咲いてたり、波の音がするだけで、
生きてるエネルギーが満ちていて、元気でいられる。
少しくらい凹んでも、この自然の中にいると、それだけで希望が見えるんだ。


 これが谷から流れている水です。
有難い。
今の時代、人が山に手を入れなくなっているので、
谷の水が枯れているんです。
昔は谷から水が引けてたのに、今は、近隣ではここと、
もう一箇所だけです。
国内に資材が沢山あるにも関わらず、輸入の木材の方が安いので、
お金にならないから、山主が手を入れなくなっているんだ。
これって、とっても悲しい事です。

木は生きていて、切った後も呼吸をしています。
だから、本当は、生まれ育った風土の中で、家の資材として使われたほうが、
家が長持ちするし、そこに住む人にとっても絶対に心地よい家になるはずなんです。
地産地消がいいんですよ。
私の友達が設計士でとってもステキな設計をするので、興味ある人は見てください。


ちょっと、話がそれたけど、谷の水に感謝。ありがとう。
そして、この谷水を生んでくれている山に感謝。




















それで、話は戻って、種モミを発芽させる準備を始めました。
明日、また続きを書きます。
(今日は疲れた。。子供とくつろぎたいし。。)
本当に沢山みんなに伝えたい事がある。。

明日は、高知市内に友だちと原発反対の集会に行きます、

自分の気づきに正直に生きて、そして、感謝の気持ちを忘れない。
みんなは、どんな毎日を過ごしているんだろう。

0 件のコメント:

コメントを投稿