2013年3月17日日曜日

種籾を蒔き終わりました。

14日から初めて、昨日なんとか、一キログラムを蒔き終えました。
一日訳5mの畝一つに蒔くのが限界。

とりあえず、画像で見てください。

 
整然と並べられている種籾
おじさんが 「こりゃー昭和35年頃の作業風景だなー」
と言っていました。そうよ、戦前育ちの人間は体がしっかりしてるよね。
笹場のお年よりも80過ぎても畑に出て働いているもの。。
 
苗も同じかも、昔ながらの水苗代で作る苗は丈夫なんだった。
現代農法の箱苗で、且つ薬品を使って育てられる苗は、
自ら状況を判断する事ができずに、自然に弱いんだって。
 
「5.5葉の意識」っていって、成苗期の苗、人間で言うと高校生くらいの次期に、
田んぼに植えると、その後は、自分で環境を感じ、
状況を判断して、育つ事が出来るらしいです。
その為には、生まれるときから自然に沿って育てないとダメなんだね。
人間の子育ても同じなんじゃないかな。
 
 
 
くだらない話をしながらひたすら蒔く。
「種籾蒔き歌が欲しいよねー」
「それも、種籾を激励する詩がいいんじゃない」
。。。なんて、事を言いながら、マジで考えちゃったわ
「種まき歌」
友達にいってみよう。
 
 
お昼になったので、一旦休憩。
鳥に食べたられないように、不織布を掛ける為に、
竹のトンネルを設置します。
やっぱり竹きれいだね。
 
 
これで、一旦休憩。
 
私、夢中で種まきをしていて、携帯を水没させてしまいました。
それで、その後の画像が取れてなくて。。。
 
ちょっと、この後、docomoに行ってくるわ。
その後、続きの画像公開します。
 
つづく・・・。
 
 
 
 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿